政治の不作為:繰り返される緊急事態宣言の裏事情

ブログランキング・にほんブログ村へ

画像説明:【ウイルス蔓延の舞台】「元気に逃げだしてますよ~?」喜劇を見物にやってきたケモノ衆の図

緊急事態宣言=政府の責任放棄

既に宣言がなされている東京・沖縄に続き、新たに埼玉・神奈川・千葉が対象となる緊急事態宣言の発令が検討されているそうです(30日基本的対処方針分科会にて了承)。

期間については8月2日~8月31日まで注:大坂府についても発令されることが了承。

FNNプライムオンライン:埼玉・千葉・神奈川に緊急事態宣言検討 「ほかに打つ手ない」

【詳しくは官邸の説明をご覧ください↓】

令和3年7月29日

緊急事態宣言、まん延防止等重点措置の取扱い等についての会見

(緊急事態宣言、まん延防止等重点措置の取扱いについて)

先ほど関係閣僚で議論いたしました。東京の感染者数は過去最高、また他の地域においても増えつつあります。強い危機感を持って対応いたしております。

 各自治体から要請があり、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置について、明日専門家の会議にかけることを決定いたしました。またその場所と、あるいは期間等について明日決定させていただく予定であります。

 いずれにしろ、ワクチン接種を進めながら、各地域でしっかりと対応して、この病床のひっ迫を招かないように、しっかりと対応していきたいと思います。

(昨日ぶら下がり会見に応じなかったことについて)

ぶら下がりは毎日対応することではなくて、そこは一定の方向性を示す中で、今日もこのように対応させていただいています。

(緊急事態宣言の効果について)

いろいろな意見があることは承知しています。ただそういう中で、ワクチン接種、さらにこの抗体カクテルの治療法と、こうしたこともありますので、そうしたことについては、早急に対応することができるように、準備を進めております。

(東京オリンピック開催により警戒心が緩んでいるとの指摘について)

いろいろな人がいろいろな御意見を言っていることは承知してます。ただ、このオリンピック大会を契機に、目指して、例えば自動車の規制だとか、あるいはテレワークだとか、こうしたことを行っていることによって、7月の中旬から始めていますけれども、人流は減少傾向にあり、更に人流の減少傾向を加速させるために、このオリンピックというのは、皆さん御自宅で観戦していただいて、御協力いただければと思っています。

(6月の参議院の決算委員会の際に、国民の生命と健康を守っていくのがオリンピック開催の前提だと発言したことについて)

前提の中で、最大限の努力をしております。ですから現に、一番感染の多いと言われた65歳以上の高齢者の皆さん、重症化にいく皆さんが、当時は20パーセントもあったのですけれども、今は3パーセントを切っているときもあります。そうしたことで、対応はできているだろうというふうに思います。

(65歳以上の感染者数の発表により、政治の側の危機感が伝わらないのではないかという指摘について)

それはいろいろな取り方があるのでしょうけれども、今まで一番感染の多いと言われている部分がワクチンによって大幅に減少しているということは事実でありますから、そうしたことをやはり示していくことも、私どもの仕事だと思います。

(オリンピックの開催が今回の感染者数に影響を与えていないとする論拠について)

今申し上げましたけれども、やはり人流、オリンピックのことについては人流が増えたり、あるいはこの外国人の方から日本に感染が広がるとか、そうしたものを避けるための水際対策というものをしっかりやっておりますので、影響はないと思っています。

首相官邸(引用:2021/7/30)

 

そりゃ~政府ったら、感染拡大を抑止できる最上位政策ほどわざと避けているのですから・・

菅首相
菅首相

いろいろな意見はあるがしっかりと対応する。

政府関係者
政府関係者

ほかに打つ手ない・・

と、希望を述べたり本音を吐露する以外に打つ手はないのでしょう。

嫡男:スラ
嫡男:スラ

け、白々しい・・

陽性者と感染者と発症者の違い、重症者の割合(リスクの違い)を徹底的に広報せず、国籍別の数値公表に至ってはそもそも実施すらしない。

おまけに(P産業・性産業は不問の)飲食業のみを狙い撃ちするかのような場当たり的対策を打ったところで、感染拡大がおさまるわけないじゃん・・

悪いネズミ
悪いネズミ

日本のPCR検査(CT値)はおかしいんだよね~

陽性判定者数についても(陽性判定=ウイルス感染者ではない)怪しさ満点。

そんでもって、ま~た政府による補償を伴わない無責任な”宣言””要請”が繰り返られてしまうのかな~?

全力には程遠い政府による「国民救済」への取り組み

金=ただ刷ればいい:命=たった一つ

世界一の借金大国アメリカでは令和3年3月6日:約200兆円規模の(対ウイルスパンデミック)経済対策法案を可決させました。

他方、世界一お金持ち国家の日本はと言えば・・せっかく予算を組んでも使われる事の無かった予算が30兆円も繰り越されてしまったそうです。(啞然・・)

予算繰越金、過去最大の30兆円規模 コロナ対策、執行に遅れ―20年度

国の2020年度一般会計予算のうち、執行が遅れて21年度へ繰り越される額が過去最大の30兆円規模に達する見込みであることが26日、明らかになった。20年度は新型コロナウイルス対策に伴い、3度の補正予算編成で73兆円の歳出を追加したが、使い残した額はその4割に相当する。「規模ありき」で予算を積み増すのではなく、困窮している事業者などに支援を迅速に行き渡らせることが課題になっている。(~中略~)

国の予算は「単年度主義」で編成され、1年間で使い切ることが原則。ただ、実際には自然災害などで支出が終わらないケースもあり、例年数兆円が翌年度に繰り越されている。19年度の繰越額は6.6兆円で、これまでの最大は12年度の7.6兆円だった。20年度は、当初予算を含む歳出総額が過去最大の175.7兆円に達したことなどから、繰越額が突出して多くなっている。

与党内では、コロナ禍で打撃を受けた経済の立て直しのため、21年度補正予算の編成を求める声が出ている。しかし、財務省は既存予算の着実な執行を重視。コロナ対策の予備費も約4兆円残っており、補正編成には慎重だ。

JIJI.COM(2021/7/26配信記事)
嫡男:スラ
嫡男:スラ

ってことは、政府はそれだけ(国民救済に)余力を残していたって事だよね!

タヌキ
タヌキ

だな!

悪いネズミ
悪いネズミ

このコロナ禍と呼ばれる混乱期に余力を残すって・・アホじゃん!

タヌキ
タヌキ

アホだな!

逆に政府(財務省)は、武漢発生ウイルスの混乱期でさえ借金返済(プライマリーバランス目標達成)を最優先にしてんだぜ!(驚愕ですが帳簿上のPBは縮小 )

日本政府の基本方針(予想)

返す必要の無い借金返済>>オリンピック開催>>外国人労働者受け入れ>>国民救済

(日本国民一同)「ちぇ、いっつも後回しだよ・・」

こんな感じでいじけていないで、そろそろ怒りをぶつけませんか?

五輪の泥棒達も追いかけたいですが、先ずは財政の蛇口を止めている経済オンチ・国民見殺しの”輩”たちにドシドシと反論をぶつけていきましょう!

積極財政:錦の御旗は「国際公約」

『財政拡大』『経済回復』は世界共通公約として2021:G7コーンウォール・サミット』にて確認されています。

祝!G7共同宣言で世界共通公約「経済回復」が確認される
G7共同宣言で「シナへの圧力があった!」とか、「東京五輪開催は国際公約になった!」とかはただの妄想・デタラメですから。公約の名にふさわしいG7の確認事項は武漢発生ウイルス蔓延からの「経済回復」です。

本気で武漢発生ウイルスの感染拡大を防ぎたかったら・・

ガリガリの国民に『飢え死にダイエット』を強要する政府

もはや改まって記述するほどでもありませんよね!

世界が積極的に推し進め、(バブル以降の)日本政府のみが避けて通りたがる政策を順にやっていけばいいのです。

【最優先3項目】

①(国民限定の)大型所得補償+一律給付金

②大減税

③財政出動

これらの徹底と引き換えに政府は国民に緊急事態宣言への理解を求め、並行して各種営業・行動自粛をお願いする。

【あわせて取り組むべき3項目】

①国民へのウイルスに関する正確な情報の提供

②国民へのワクチンに関する正確な情報の提供

③水際感染対策の徹底

【将来的に期待する3項目】

① ワクチンの中長期的副反応の治験データ収集・データ開示

②厚労省『人口動態統計』の年間推計(確定値)公表の厳守(自殺者・自殺動機把握のため)

③プライマリーバランス目標の完全撤廃

これらに取り組めば取り組むほど効果てきめんでしょうし、逆にこれらを避ければ避けるほど、緊縮財政は続き国民負担は増加し、感染蔓延は収まらず、救えるはずの国民の命も悪戯に失ってしまうようになるでしょう。

悪いネズミ
悪いネズミ

指定感染症2類から指定感染症5類への変更はよ!

悲劇は”喜劇”から始まる

ちょっと豆知識:打つ手なしとは

問題解決などに対し有効なる手立て(方策)が存在していない事。

八方ふさがり、なすすべがない状況。

せっかく予算を組んでも30兆円も余してしまう政府が「ほかに打つ手ない」からと緊急事態宣言は乱発。

首尾一貫して繰り返される政府の不作為。

もうね、白々しすぎちゃうんですよね~

日本の復活を快く思っていない勢力は、首都圏を中心とした最近の感染拡大を五輪開催に絡め、ある事ない事批判し始めている始末です。

政府が全力で感染拡大防止に取り組んでさえいれば、本来ならそのような噂・・・・・・さえ囁かれる事などなかったはず。

売国奴プロデュース:『国民総貧困劇』のはじまりはじまり~

「まさに自業自得」

風評や陰謀論を信じない冷静な層までも敵に回すかのような政府の取り組みに、国家全体が何かの喜劇を作為的に見せられているようで・・ですから当然ですが補償を伴わない自粛要請や外出禁止要請などには耳を貸さなくなってきています。(きっと今以上に行動規制の類は守られなくなります)

まとめ

国民は、何も政府に対し駄々っ子のようにふるまっているのではありません。

国民は、何も武漢発生ウイルスを軽視し始めているのではありません。

~飢え死にせぬように日々を生き抜いているだけなのです~

働くため、所得を稼ぐため、日々の生活と自身の命を守るために”社会”へと繰り出しているのです。

その”社会”の方を規制すれば感染拡大が収まるだろうと思えば思うほどに、国民は生き残るために政府方針に反発し、政治不信を募らせ、国家の結束を弱め、そして国家を顧みることが出来なくなっていくのです。

悪いネズミ
悪いネズミ

無理もないよ・・

日々追い立てられている人々は、数か月遅れの協力金などを待ってられないからね~

武漢発生ウイルスに関する・・尽きぬ疑問の数々

  • ウイルスは何処からやってきたのか?
  • なぜ最初期に水際対策を怠ったのか?
  • なぜ所得補償を伴わない緊急事態宣言が乱発されるのか?
  • なぜ予算を執行せず30兆円も余してしまうのか?

もしも・・

当該ウイルスが何らかの人為的・国家的な”意図”によって生み出さてたとするなら、

  • 我が国の五輪にまつわる混乱劇を眺めながら・・
  • 我が国の結束力が弱まる現状を眺めながら・・

”輩”たちは・・我が国を疾うの昔に裏切った売国奴とともに高笑いを決め込みながら、日本国民の生き血で醸造された美酒(ただ酒)に酔いしれているのでしょう。

声をあげなければ見過ごされてしまいます。

戦わなければ見殺しにされてしまいます。

国家国民を排除する事こそが政府や政治家の流行(トレンド)ならば・・民意の力を結集しその潮流を逆流させなければなりません。

選挙・バブコメ・地域議員への問い合わせ・情報拡散・・個々人にでも出来る事があります。

国民一同みんな笑顔で生き残るために・・共に頑張ってまいりましょう♡

おしまい。

タイトルとURLをコピーしました