健康(体育・食育)

健康(体育・食育)

【オミクロン株】:現地は軽症報告・製薬会社はワクワク銭儲け

新型株として話題に上がっている『オミクロン株』。南アの権威者は「今のところ軽症、慌てる必要は無い」としています。かたやWHOや製薬会社は「要警戒、ワクチン接種で対抗!」と息巻いています。外務官を通じ28日には日本にも上陸しています。
健康(体育・食育)

【厚労省新見解】:ワクチン接種後の『心筋炎』『心膜炎』あり

ワクチン接種推進当初より噂されていた、心筋炎に心膜炎。どうやらその発生確率は高くないものの、存在自体は正式に認められる運びとなりました。主に若い男性に症例が報告されているようで、その他の薬害の疑いとともに因果関係の究明が待たれます。
健康(体育・食育)

【実はわざと?】:我が国のウイルス対策7不思議

世界一古い国民国家で、世界一お金持ち国家が、なぜか緊縮財政に走り、なぜか『自助』を叫んでいるのです。そのくせ国民全員に複数回行き渡るワクチンは確保。とっても不思議なウイルスパンデミックに関する政府対応を「7不思議」に総まとめ。
健康(体育・食育)

【いたちごっこ】:今度は「オミクロン株を警戒しろ!」だってさ

いったい何度目の”変異株”情報でしょう?ウイルスが変異する事なんて当たり前なのですが、なぜかワクチンの効き目を疑問視する勢力への「免罪符」に使われているように思えてならないのです。変異株に対する我が国の水際対策は?
健康(体育・食育)

【子供にもワクチン?】:日本と世界の不思議な感染症予防の行方

このままでは新生児にさえワクチン接種が義務化される世の中が到来したりして?そう思わせるくらい欧米各国はワクチン接種に夢中になっているようです。日本も5~11歳までの子供にもワクチン接種が囁かれ始めました。新薬情報もちらほら・・
健康(体育・食育)

ワクチン先進国に異変?:各国ウイルス感染状況と方針転換の報告

ワクチンが効き目を発揮したのか?ウイルスが毒性を弱めたのか?PCR検査をすり抜ける謎の風邪がなぜイギリスで流行っているのか?ADEは本当に起こっていないのか?錯綜するウイルスやワクチンにまつわる情報が各国から届けられています。
健康(体育・食育)

武漢ウイルスとスペイン風邪を比較しワクチン接種を考える:後編

「ウイルスは変異を繰り返し、やがて毒性を弱めて生き残る」。100年前の世界にはウイルス特効薬・ワクチンもなし。ではいったい人類はどの様にしてウイルスを克服したのでしょう?そして気になるワクチン接種・・打つべき?打たない方がいい?
タイトルとURLをコピーしました