学び

学び

いい歌紹介3:藻塩草かくとも尽きじ君が代の・・源家長

「藻塩草かくとも尽きじ君が代の数によみおく和歌の浦波」は鎌倉時代に詠まれた歌(作者:源家長)で、”天皇の御代が末永く続くように”と、巧みな掛け言葉を使いながら詠み込まれています。
学び

5月5日『こどもの日』の由来:『屈原』と楚辞のご紹介・前編

5月5日は端午の節句。同時にこどもの日として祝日になっていますね。今回は5月5日にちなんだ素晴らしい楚辞「漁父」の紹介です。古代シナ南方に花開いた民謡や宗教歌に基づく文学的作品。屈原によって楚辞は頂点を迎えたといわれています。
学び

いい歌紹介5:東の 野にかぎろひの 立つ見えて・・柿本人麻呂

日本の歴史上最も有名な歌人を一人挙げるなら「柿本人麻呂」ではないでしょうか?万葉の宮廷歌人「人麻呂」の歌の世界を「東の 野にかぎろひの 立つ見えて かへり見すれば 月かたぶきぬ」の一首を中心にご紹介。
学び

3月3日「ひな祭り」:節句・ひな祭りにちなんだあれこれ解説

「ひな祭り」になぜ「人形」を飾るのか?そもそも節句の意味は?・・こんなことをザックリ解説しています。3月3日は縁起のよろしい日です。みんなでお祝いしましょうね!
学び

いい歌紹介4:旅人の 宿りせむ野に 霜降らば・・遣唐使の母

いつの時代でも、母親の子を思う愛情の深さは不変ですね。万葉集に収められている歌。「遣唐使」として一人しかいない我が子を送り出す母親が残したとされる素敵な歌をご紹介します。「遣唐使」の説明も。
学び

日本が中華人民共和国と友好関係を築くには・・の裏話♥

シナについてまとめた記事の”あとがき”です。1972年のシナとの国交正常化は「日本人が決定的に貧困化してゆく狼煙」の役割が込められていました。もうすぐ50年・・そろそろ方向転換していきましょう!
学び

いい歌紹介1:足引きのこなたかなたに道はあれど・菅贈太政大臣

菅原道真公は遣唐使の廃止を訴えてくれた素晴らしき政治家にして、当代随一の文化人です。今回は道真公が残してくれた和歌を紹介します。「足引きの こなたかなたに 道はあれど 都へいざと いふ人ぞなき」
タイトルとURLをコピーしました