【給付金】:自公「未来応援給付」案、詳細とその問題点

ブログランキング・にほんブログ村へ

画像説明:【タヌキ!タヌキ!】群衆を前に何やら独自の給付案を流布しているタヌキの図

「未来応援給付」:高市氏、自公合意に反論!

さすがの高市政調会長。

自公の年齢制限・所得制限を設けた給付金案(予定)に、真っ向から異を唱えてくれています。

高市氏、10万円給付「非常に不公平が起きてしまう」

自民党と公明党が合意した18歳以下の子どもを対象にした10万円相当の給付について、自民党の高市早苗政調会長は12日のインターネット番組で、「共働き家庭でそれぞれが960万円ぐらい稼いでいたらすごい金額になる。個人の収入だと非常に不公平が起きてしまう」と語った。

10万円相当の給付をめぐっては、所得制限について児童手当に準じ、親の年収が960万円以上の子どもを対象から除くことで合意。岸田文雄首相は同日、記者団に世帯主の年収で給付を判断すると説明。例えば夫婦で800万円ずつの年収計1600万円の世帯でも給付の対象になるか問われ、「世帯主ごと(の収入)で判断する。(対象に)なります」と述べた。

これに関連し、高市氏は、「財務省がまとめているペーパーにも世帯という書き方をしている。共働きのご家庭が多い現状だ」と指摘。週明けの自民党内で政策を議論する会議で「そこのところは意見が出てくると思う」と述べ、今回の所得制限のあり方に異論が出る可能性を述べた。(楢崎貴司)

朝日新聞digital(2021/11/13配信記事)
妻

たしかに・・

世帯主のみの収入が支給の基準となれば、たとえば・・

  • 世帯主のみの年収が1000万円の家庭のお子さんには支給なし。
  • 共働き(それぞれ年収800万円)で、合計年収が1600万円を超える家族のお子さんには支給あり。

こうなっちゃうんですから不公平感は増すばかりですよね。

公明党・山口代表はこのように述べているとか・・

山口代表は同党の選挙公約「18歳以下の子供への一律給付(10万円)」を主張しており、自民党の一部が主張する「所得制限」については反対しているとされています。

所得制限を設けることで給付そのものが遅れることを危惧し、給付金の効果が薄れると主張しています。

具体的には

  • 親の所得で子供を分断してはならない
  • 議論の手間を省き素早い給付につなげたい

といった、発言趣旨を繰り返していますね。

悪いネズミ
悪いネズミ

あの~「子供に分断面をつくってはダメだ!」と・・そこまで理解出来ているのに、なぜ「国民間の分断面」の方には考えが及ばないのかな~?

嫡男:スラ
嫡男:スラ

ここの党ってさ~、いっつも貧困貧困言ってるよね?

むしろ弱者や働かない人たちの方が給付がもらえやすいような主張ばかりしている印象だよ。

「住民税非課税対象」とか・・何か秘密でもあるのかな~?生保とか生保とか生保とか外国籍とか

「未来応援給付」対象と支給方法

それでは「未来応援給付」について、11月15日時点までに具体的に判明している(予定)詳細をまとめてみます。

悪いネズミ
悪いネズミ

アホ~な財務省と与党が鉛筆ナメナメ考えたんだろうけど・・複雑すぎておまけに不公平感満載。

・・国民救済には程遠い印象だよ・・シュン

「未来応援給付」:給付対象者

18歳以下の子供が支給対象。

注1:世帯主の年収が960万円以上の子どもは対象外。

注2:18歳以下であっても大学生は対象外(高校生まで)。

「未来応援給付」:給付額と給付方法

給付額は子供一人につき10万円。

政府案としては10万円を5万円づつに分け、2度の給付を目指しているそうです。

給付方法

  • 年内をめどに5万円を現金で給付
  • 残りの5万円分は春ごろクーポンとして給付

「未来応援給付」:成人であっても支給される条件アリ

18歳以上であっても一定の条件をクリアすれば給付が受けられるそうです。

成人であっても支給される条件

  • マイナンバーカード新規収得者・・5000円分のポイント
  • カードを健康保険と紐づけ・・7500円分のポイント
  • カードを金融口座と紐づけ・・7500円分のポイント

すべて達成すると総額2万円分のポイントがもらえる仕組み!(現金ではありません)

「未来応援給付」の問題点とは

ここからは「未来応援給付」について、その問題点をザックリ紹介してみます。(11月15日判明分まで)

タヌキ
タヌキ

ま、↑上をご覧になれば一目瞭然だったと思いますが、とにかくグダグダ・ダメダメ

って事で・・「未来応援給付」の問題点と題し、ちょっとツッコミを入れさせていただきましょう!

「未来応援給付」問題点その①:国民に分断面を設けるな!

これが無かったから”日本”なのです!

緊急時の給付金案に、所得制限はおろか年齢制限だって必要ありません!

武漢発生ウイルスの被害に困っているのは老若男女問わず日本国民すべてのはずです。

政府が国民を階層ごとに分断し、

  • こっちは助ける
  • こっちは助けない

などのサジ加減をやってる場合ではないのです。

緊急時には、

  • 手早く
  • 分かりやすく
  • 広範囲に

国民一律救済策を施すべきなのです!

経済対策も国民救済も大規模でやらなければ効果は発揮されません!

国の借金話がそもそも嘘なんですから、「バ~~~ン!」と金を使い所得面の安心を国民に約束し、ウイルス対策に備えてもらうのが正解なのです。

万が一、不正受給を心配する”貧乏に馴らされた者”からの反論の声が上がったなら・・

「まず救える命を救う!」

「緊急事態が去った後に、ゆるりと火事場泥棒として取り締まればよい!」

このように切り返していけばよいのです。

「未来応援給付」問題点その②:給付を2度に分けるは愚策

半分顔を出す時って、大体悪い事をしている時ですよね。「あ、おいらは悪さしてないニャン」

ただでさえ10万円ぽっきり。

とてもではありませんが、これで貧困層や生活にお困りの方々の世帯環境が劇的に好転するなど考えられません。

前回の一律給付金の一部が消費されなかった(貯蓄に回る)ことを受け、分割案を考えたのでしょうがまさに愚の骨頂!

今にも貧困に陥りそうな家庭にとっては急場のしのぎとして機能し、日々に少しだけゆとりのある家庭にとっては”将来の蓄え”に回ったのですから、むしろ大歓迎されるべきです。

そもそもの給付趣旨が子供支援や消費喚起よりも、本来はウイルス蔓延で目減りした生活支援(国民救済)の方に主眼があったのですから、小出しにすることなくドシドシと継続的に給付支援をやっていくべきです。

「未来応援給付」問題点その③:クーポンこそ不正の対象

子供に確実に使われるクーポンって・・余計なお世話じゃ!

消費喚起に重点を置くばかりにクーポン案が出てきたのでしょうが、とんでもない悪手ですね。

単純に問題点を列挙しても

  • 有効期間
  • 交換範囲
  • 印刷代金
  • 事務手続き
  • 消費現場での確認作業の複雑化
  • クーポンの現金化問題

手間・費用・不正・現場負担・汎用性の無さ・・どれをとっても現金に負け、どれをとっても緊急時の対策としてはいただけません。

電子クーポンなどに手を染めた場合、開発に莫大な初期費用(もちろん中抜き)を費やすばかりでシステムやアプリそのものに欠陥が出たり、詐欺・乗っ取りの温床として使われそうで心配になります。

【COCOA】の不具合(役立たず)を思い出せば一目瞭然。

現金は、それだけ絶大な汎用性を持った『信用』の塊(物差し)だという事を忘れてはなりません。

嫡男:スラ
嫡男:スラ

実は、緊急時こそ現金(金融口座振り込み)なんだよ!

こんな混乱期にクーポン考えつくって・・馬~鹿だと思うよ。

「未来応援給付」問題点その④:マイナンバー普及と国民救済は別

マイナンバーの本当の狙い:外国人に多かった通名口座が持てなくなりました

マイナンバーなんて発行の有無は関係ありません。

もうすでに個々人にナンバーは配布されています。

あとは汎用性を高めるためのカード普及率を上げるだけの段階になっていますので、そちらの努力と国民救済策をごちゃまぜにするなど、愚かしいにもほどがあります。

さだめし、頭の緩い官僚と政治家があれこれと考えた末の『妙案』だったのでしょうが、結局給付金そのものを何とかして抑え込みたい財務省辺りが、いろんな条件を提示しつつ政治家を説き伏せた挙句・・

  • 現金・・10万円⇒5万円(+クーポン5万円)
  • 対象・・国民一律⇒18歳以下限定
  • 条件・・所得制限なし⇒所得制限あり
  • オプション・・マイナンバー紐づけならポイント支給

こんな感じで徐々に範囲も規模も”ちゃっちく”なっていったのでしょう。

公明党を主体とした今の与党の政治家各位に、「本当の『国民救済』とは何なのか?」の、強い理念が欠如していることの証明となっているようです。

妻

一番の矛盾は「すでにマイナンバーを利用している方」ですよね。

新規発行とか、新規紐づけとかに限定しては、やっぱり不公平さと手続きの複雑化が予想されますよね・・

いったい政府は何を考えているのでしょう?

「未来応援給付」問題点その⑤:名前がミスマッチ

そりゃ~財務省と公明と自民が組めば、PBバランスとか言って小規模給付になりますよね!

確か・・選挙戦に突入した折、与野党各党ともTV,街頭演説などでコロナ禍対策として「給付金案」を語っていましたよね

また与党内でも、公明党は「未来応援給付」については「社会全体で子育てを応援する為」と説明していたのに対し、岸田首相は「経済対策」と説明。・・全くスタンスが違っています。

結局今のところ今回の給付の名称が「未来応援給付」に落ち着いている事からも、公明色が色濃く反映された案だという事がご理解いただけるかと思います。

悪いネズミ
悪いネズミ

あ、ホントだ・・はじめから国民すべてを救済する気なんてないんだね~

ケチなうえに、ちゃっちいし、ずっこいよね・・

国民は前回同様、金額はどうであれ国民一律の救済策を願っていた事でしょうし、コロナ禍に大変な思いをしているのは何も子育て世帯だけではないのですから、給付型救済への期待は”大”だったはずです。

給付の・・

  • 名称からしても
  • 規模からしても
  • 意義からしても

総選挙で寄せられていた国民の期待と、与党給付金案がここまでかけ離れているのなら『コロナ救済』や『生活支援』の文言を徹底的に排除し、子育て支援策として、いっそ『少子化省』(野田大臣)に丸投げしたほうが国民も納得するのではないでしょうか?

妻

野田氏の国家観(主義主張)には賛同できませんが、子育て対策に特化した活躍をなされていた面は評価に値します。

「未来応援給付」・・バブル崩壊以降散々増税された挙句、国民にわざわざ分断面を施しながら未来を応援されても、かえって白々しく感じてしまいます。

「未来応援給付」問題点その⑥:国籍は?国籍!・・国籍だよ!!

国民救済こそ国益!世界各国も・・それでいいのです

私たちは肝心な事を忘却してはなりません。

国家(政府)の責務の第一義は国民救済。

この大原則に立ち返れば「未来応援給付」が『国民限定』になっているかの確認こそが肝心であると、瞬時に気付くはずなのです。

ですから、一部国民の間でも囁かれる↓このような声は、残念ながら事の本質をとらえきれていない末子枝葉への指摘と言わざるを得ないのです。

国民A
国民A

また国の借金が増える・・日本人はいつから給付金にたかる様な国民になったんだ?

将来世代にツケを回すんじゃなく、もう少し踏ん張ってはどうかね??

国民B
国民B

子育て世代だから助かるわ~♥

でも・・給付は本当に困った人に絞ったほうがいいから、所得制限はあったほうがよさそう!

国民C
国民C

ど~せ、給付金配ったって、あとで増税されるくらいなら給付の規模は縮小しておいてくれよな~(俺はもともと対象外だし)

ちょっと前の日本国民

財務官僚が泣いて喜びそうな訓練済みの一部国民からの声は、人為的なデフレ社会を30年近く耐え抜いた故の賜物であると”同情”は出来ても”賛同”はしかねます。

  • ありもしない国の借金を気にし過ぎて・・
  • 年齢や所得ごとの国民分断を認めて・・
  • 将来の増税を半ば認めて・・

それにもかかわらず、国籍を問題視せず国富をみすみす外国人に盗られていくばかりだなんて・・全くもってあきれ返るばかりです。

タヌキ
タヌキ

将来世代への借金を気にしてんのに、国民を救済せず外国人を救ってどうします?

国民分断を思い付き、国籍確認を怠るってヘンテコですよね?

増税したって外国人まで救済してたんじゃ賄いきれませんよね?

ね!政府が二転三転あれやこれやと給付案の説明をするのに、肝心の国籍条項について言及がない事に違和感を覚えたりしません?・・ここだけ抜き取ってみてもヘンテコに思えて来るでしょ?

給付金案の最善策は?

ツッコミばかりでは正解に辿り着けないので、給付金案の模範解答をお見せしておきましょう。

注:日本は世界一のお金持ち国家です。財源の心配はいりませんが、どうしても説明せよと言われれば”特例国債発行”と答えておきます。国債=借金ではありませんよ‥念のため。

タヌキ
タヌキ

おいらが国政を預かってたなら、きっとこういった給付策を即座に実行しているだろうな~

社会全体で子供を育てるのなら、なおさら国民が等しく救済される世の中の方が、子供にとってもいいに決まっています!
  • ①国民限定
  • ②国民一律給付10万円(年4回・3か月に1回×ウイルス収束&GDPベースで2019年の数値に戻るまで継続)
  • ③中学校までの子供1人あたり5万円を基礎の給付金に上乗せ・高校生は2万円上乗せ(もっと多くても可)
  • ④貧困層・生活困窮世帯には別途上乗せ(要相談・要申請)
  • ⑤ただし生活保護世帯への上乗せは無し(労働意欲と社会秩序維持)

その他オプション:

  • 住民税・所得税との相殺OK(数%お得割引併用)
  • マイナンバーポイントでの支給OK(数%お得上乗せ併用)
悪いネズミ
悪いネズミ

これらにプラスして別途、所得補償、消費税廃止、インフラ(ガス・水道・電気)基本料金の肩代わりがなされれば一先ず安心。

嫡男:スラ
嫡男:スラ

指定感染症2種から5種への変更も大切だよね!

注:ちなみに日本のGDPは2019年と比較して、2020年は4.6%も下落しています。リーマンショック時が前年比3.6%減でしたので、もちろん過去最悪の数字。

妻

↑ひえ~~~!

これを見せつけられたら、公明党の案がいかにちっぽけで国民救済には程遠いかって事が理解できますよね・・ゾクッ

まとめ

あえて言及しておきますが、公明党案が色濃く反映されたコロナ対策とは程遠い「未来応援給付」

その正式決定は現在のところ11月19日辺りだとされています。

上記に紹介した内容で大筋合意されてしまえば、ウイルス蔓延に苦しむ肝心の国民救済はおろか、悪名高き政策の1つとして後世まで語り継がれる事でしょう。

このままでは、くしくも高市氏から警鐘が鳴らされた「非常に不公平が起きてしまう」が、現実のものとなってしまいます。

『給付金に年齢制限も所得制限もいらない・・一律給付こそ正解』

日本はその2000年を超える建国のはじまり以来、八紘一宇の精神を基礎と位置づけ、国民国家をこんにちまで継承してまいりました。

伝統を引き継いだ私たちの世代が、たかがシナ・武漢発生ウイルスの蔓延騒ぎごときで、世界最古の国民国家の何たるかを忘れ去ってはなりません。

緊急時だからこそ、国民各位が手を取り合い、助けあい、国民に誰一人の落伍者も出さぬよう乗り切っていくのです。

今までも・・そしてこれからも・・

タヌキ
タヌキ

・・って事で、利権に邁進する政治家任せじゃ国が滅ぼされてしまいますので、

↓に簡単な掛け声をご用意しておきました(ムフ)

みなさんも「せ~の」で声をあげていただきますよう、よろしくお願いいたします。ペコリ

  • 「国家は国民をもれなく救え!」
  • 「国民間に分断面をつくるな!」
  • 「子育て世帯や貧困層には上乗せ支給しろ!」
  • 「給付は国民限定が絶対条件だ!」
  • 「財源の心配は必要なし!1日でも早く、1円でも多く支給しろ!」
  • 「緊急時こそ現金!クーポンは愚策だ!」

おしまい。

タイトルとURLをコピーしました