スポンサーリンク

マクロン氏再選:フランス大統領選挙結果が及ぼす影響

ブログランキング・にほんブログ村へ

ろちるど:これでウクライナは長期化確定

TBS NEWS DIG Powered by JNN:【速報】フランス大統領選挙 現職のマクロン氏が当選確実 現地メディア|TBS NEWS DIG

マクロン氏がフランス大統領に再選へ 決選投票で右翼ルペン氏上回る

フランス大統領選の決選投票が24日にあり、欧州連合(EU)の連携や欧米間の協調を重視する、中道の現職エマニュエル・マクロン氏(44)が再選される見通しになった。仏メディアが同日午後8時(日本時間25日午前3時)、投票締め切りと同時に得票見通しを報じた。EUの権限縮小を訴え、ウクライナ侵攻をめぐるロシアへの制裁強化に反対する右翼「国民連合」の下院議員マリーヌ・ルペン氏(53)は敗退が確実となった。

公共放送「フランス2」はマクロン氏の得票率見通しが58・2%で、ルペン氏が41・8%と伝えた。

マクロン氏は、ウクライナ侵攻をめぐる対応で欧州のかじ取り役を担い、EUと足並みをそろえてロシアに経済制裁を科してきた。プーチン大統領と対話を重ねつつ、ウクライナ周辺国に北大西洋条約機構(NATO)の枠組みで自国軍を派遣してきた。

これに対し、ルペン氏はNATOの軍事機構からフランス軍を外すと主張してきた。マクロン氏の再選で、ロシアに対する欧米の包囲網は、ほころびを避けられる形となった。(以下略)

朝日新聞digital(2022/4/25配信記事)
こてっ
悪いネズミ
悪いネズミ

長尾さん・・

高市さん・・

ルペンさん・・

ま~た、おいらたちが応援する候補が負けちゃったね・・

嫡男:スラ
嫡男:スラ

魔女狩りやっても、革命やっても、まだ飽き足らないのかな~フランス国民は・・

戦争ビジネスがそんなに大切?

タヌキ
タヌキ

ま、今の日本はフランス以下だけどな。

何たって日本は、ルペン氏の様な国民の為に矢面に立つ政治家さえ確保できないんだから、政治の選択肢すら無い状態さ。

妻

岸田さんはどうなの?

タヌキ
タヌキ

あんなもの、金融とシナの代弁者さ。

  • トリガー条項もそのまま
  • 消費税もそのまま(むしろ増税案が・・)
  • 移民は受け入れ
  • ロビイストも大歓迎
  • インドに5兆円
  • (大学)ファンドに10兆円

そして、ウイルス・ワクチン・ウクライナ・・

馬と鹿が大忙しさ。

妻

じゃ~、総理が高市さんだったら少しはマシだったのかしら?

タヌキ
タヌキ

靖国参拝や対特亜外交など、こまごまな分野では大いに変わっていただろうが、大局的には同じだったと思うぜ。

要するに今回のフランスと同じで、金融支配グローバリズムからの脱却を掲げられるかが焦点な訳だからなぁ~

  • 財務省を解体し
  • 日銀を取り戻し
  • 財政と税制を健全化し
  • 真の独立を目指せるか?

ってのが、日本の政治目標。

しかし、頼みの国民の多くが・・

疑う事無くワクチン接種し・ウクライナ支援を『是』としている以上、「道は険しい」と、言う他ないだろうな。

この程度の国民理解じゃ~、高市氏だけに「戦え!」とは言えないさ。

妻

そうなると絶望ね・・

だけど世論が盛り上がれば、日本にだってルペン氏の様な金融と戦える愛国議員を誕生させることもできるはずよね!?

タヌキ
タヌキ

もちろん可能性はあるさ。

国民一人一人が戦後洗脳から目覚め、50年、100年単位の国益を見つめられるようになれば、そこを票田とした議員が誕生してくるはず。

高市氏や、その仲間たちは・・まさに”早苗”

早すぎれば簡単に摘み取られ、遅すぎれば国を失う。

戦後政治の大改革は『農業』と同じで・・天候(世論)と愛情(得票)と忍耐(国家観)が必要なのさ!

フランスやアメリカ国民に続け!

米英仏独の一般市民を中心に、世界ではすでに反グローバリズムが叫ばれています。

海外発の政治運動やSNS情報をつぶさに俯瞰すれば、グローバル化が盛んな地域ほど、皮肉にも反グローバル的な民意の盛り上がりを見つけ出すはずです。

事実、今回のフランス大統領選挙においてもその傾向は如実に表れており、

2017年の大統領選では、

  • マクロン氏・約2074万票(得票率66.1%)
  • ルペン氏・約1063万票(得票率33.9%)

↑の大差だったのが・・

2022年の大統領選では、

  • マクロン氏・(得票率58.2%)
  • ルペン氏・(得票率41.8%)

↑(いずれも得票率見通し)と、かなりの接戦にまで持ち込めているのです。

フランス国民より一足早く目覚めたアメリカ国民も、金融支配からの脱却を託すことのできるタフガイ「トランプ元大統領」を当選させメキメキと国内洗浄を進めていましたが、2020年大統領選挙に絡み、司法と議会とFBIを篭絡され、さらに不正選挙にまで手を染めた「米民主党のスポンサー」の策略を前に、夢の数々は押し返されてしまいました。

安倍は偽物・あなたは本物・いつかあなたのもとに高市さんを・・

しかし、アメリカ国民の夢は未だ継続中。

国家を国民の手に取り戻そうともがく熱意は、今も尚トランプ氏を奮い立たせており、来たる米中間選挙に向け、トランプ米共和党は巻き返しを図っている真っ最中なのです。

米英仏独

一部民衆レベルでは、すでに世界平和の真の妨害者を見抜きつつあります。

もちろん私たち日本国民も、目覚めた彼らに続かなければなりません。

多くの日本国民が真実を見つめる勇気を持ち、世界の戦争・紛争がどのように引き起こされてきたかを知り得たならば、大東亜戦争で我が国を罠にはめた勢力と、ウクライナ紛争の真犯人同じ顔をしている事に、きっと気が付くはずなのです。

私たちも目覚めましょう!

ウクライナの人々を地獄のような日々から解放してあげる為にも・・

おしまい。

「トリコロールに幸あれ!!」
タヌキ
タヌキ

フランス愛国者の皆さん、そしてルペン候補、お疲れさまでした。

まだまだ巻き返しのチャンスはあります。

国民国家を取り戻すため、共に頑張ってまいりましょう!

タイトルとURLをコピーしました