スポンサーリンク

G7・ロシア産原油禁輸確認:対ロ制裁が口実のあれこれ

ブログランキング・にほんブログ村へ

画像説明:【顔を見て先物取引】またまた良からぬことを考えてしまうお茶目なタヌキお父さんの図

注意:ロシア産ガスについては言及されていませんね♥

金融にネジを巻かれた各国の番頭が、G7会合で「ロシア産原油・・禁輸を確認」したそうですが・・依存度的には『ガス』にこそ言及しなければならないはずなんですけどね。

G7首脳、露産原油禁輸を確認 ウクライナ支援で結束誇示

【ワシントン=大内清】先進7カ国(G7)は8日、ウクライナ情勢をめぐってオンラインによる首脳会合を開き、ロシアへのエネルギー依存脱却に向け、ロシア産原油の禁輸などに取り組むことを確認した。ロシアによるウクライナ侵攻に対抗するため、同国への軍事支援の継続や経済再建に向けた協力を約束。ロシアに対してG7の結束を示して牽制(けんせい)するとともに、他の友好諸国にも積極的なウクライナ支援を呼びかけた。

G7首脳は、露産原油の禁輸方針を声明に明記。その方法には「段階的な削減を含む」とし、各国が別の供給先を確保できるよう適切な時期と秩序立った形で進めると強調した。

会合にはウクライナのゼレンスキー大統領も参加。声明によるとゼレンスキー氏は「最終的な目標はウクライナ全土から露軍部隊や装備を完全に撤退させ、将来の自衛能力を確保すること」だと表明し、G7各国からの支援に謝意を示した。

また声明は、露軍による民間人殺害などの残虐行為や、民主的に選ばれたウクライナの地方政府を親露派に置き換えようとしていることなどを改めて非難した。(以下略)

産経新聞(2022/5/9配信記事)

今回発表された露産原油禁輸確認は、「段階的な削減を含む」の文言によって「具体的な制裁は何もしない」と告白しているかのようです。

しかし、それをあえて発表する意義については無視できません。

欧州各国にとって依存度が高いはずのガスへの言及を避け、このような発表を打ち出す事で、ウクライナ紛争に便乗したエネルギー価格高騰(詐欺)に利用したいとする思惑が見え隠れしているようで・・おおかた金融勢力からG7へ「オーダーがあった」とみなすべきでしょう。

日本では意図的に伝えられていませんが、対ロシア制裁に加担している国家は実は少数派なのです。

G7如きが(それも抜け道だらけの)対ロ制裁を振りかざしたところで、大口貿易相手のインド・シナが加担しなければ意味がありません。

戦争首謀者のアメリカに引きずられ、プレミアム価格に設定されたエネルギーを言い値で買わされる日独などと違い、国民想いの政治家が舵取りをする「その他の国々」は、安価なロシア産エネルギーを継続的に輸入し、経済発展を遂げていく事でしょう。

今後の『日独の』エネルギー価格に注目が集まりますね。

意図的に抜け道を用意するのが金融筋の常套手段

アメリカの資本は、今現在だってファンドを介しイスラエル経由でロシアに流れ込んでいます。

ロシアのオリガーキーは、ここに二重国籍を持っている者も多いのだとか・・

また滑稽なのは、今現在欧州とウクライナで消費されているガスも、トルコなどを経由して届けられた『ロシア産ガス』なのですけど・・日本人さんは、もちろん知っていますよね。(知らないでウへの支援賛成とか・・やめてくださいね)

悪いネズミ
悪いネズミ

え~~~、うっそ~(笑)

ゼ!

何か言ったらどうだい♥

「show the flag」詐欺:湾岸戦争でフセイン大統領を騙し討ちし、イラク戦争でイラク国民をゲヘナへ誘いました。
嫡男:スラ
嫡男:スラ

流石アメカス。

「show the flag」から、なにもかわってね~よな~

タヌキ
タヌキ

でな、おもしれ~のはココからなんだが・・

プレミア価格まで高騰したエネルギー資源に着目するとだ、

  • ロシア産原油・天然ガスを輸入した中立国から
  • 経済制裁に参加した各国の商社が
  • もとはロシア産原油・天然ガスだったものを
  • 関節輸入する

な~んてルートも今後は起こりえるかもしれないんだよな~(今のウクライナで消費されているガスがこんな感じ)

嫡男:スラ
嫡男:スラ

ココに、ハゲタカ国際金融が絡んでくるってわけだね?

タヌキ
タヌキ

そゆこと。

そのための布石と、日独を破壊するためのエネルギー工作がG7「露産原油禁輸確認」「ウ支援結束誇示」ってわけさ。(警戒しようね、みんな♥)

対ロ制裁は、まじめに取り組む国家程『ジョーカー』を引かされます。

ゼの不思議

上にご案内した産経新聞の記事中にある様に、G7会合でゼ大統領が「ロシア側が民主的に選ばれたウの地方政府を、親露派に置き換えようとしている」・・と、非難したそうですが・・

ロシア・オリガーキーへの制裁を、なぜ”ゼさん”は(アメリカに依頼してまで)止めさせたのでしょう?

それならば、

2014年に起こったマイダン革命(暴力クーデター)をこそ国際社会は非難しなければなりませんし、ペトロ・ポロシェンコ政権の対ロ強硬姿勢見直しを国民に誓って大統領選に当選した、(2019年5月20日就任)『ゼ、自身』も徹底的に非難されなければならないはずですね!

何と言っても、2014年以降の(特に東部地域)ウクライナ一般的国民の間では、「対ロ関係を悪戯に悪化させたくない」との意見が高まったからこそ、ポロシェンコ政権からの転換運動が叫ばれたのです。

にもかかわらず2022年の今・・なぜウクライナはロシアからの軍事侵攻に晒されているのでしょうか?

考えられる原因は何種類しか残っていないはず。

  • 単なるロシアの暴走
  • ”ゼ”の国家反逆行為
  • ウ政権が私兵集団などによって乗っ取られている
  • 米英など、第三国の介入
  • 民間人(金融)の戦争ビジネス舞台
  • NWO(新世界秩序)への布石

2021年の10月には、ゼの支持率は20%前後だったと伝えられています。

そんな存在を「ウクライナの声」「ウクライナの民意」として(私たち日本国民が)認めても良いのか・・疑問に思われてならないのです。

はいはい、陰謀論、陰謀論っと・・(・∀・)ニヤニヤ

ロシアには武を!、ウクライナには中立を!

  • 日本は、アメリカ(金融)に付き合うほどに国益を損ないます。
  • 日本は、ウクライナに「朝鮮半島と同じ思い出」を作り出してしまうでしょう。
  • ロシアへの備えは、シナ朝鮮への備えの強化にもリンクしています。
  • ウクライナの拒絶は、朝鮮半島有事の際にとても役に立ちます。
悪いネズミ
悪いネズミ

え~~~、うっそ~(笑)

でも・・みんなもすでに気付いているよね♥

~~明治維新より金融の支配下に置かれた我が国~~

選挙(ガス抜き)などで、どのようなタフな首相を誕生させたところで、外交面で独立した国家の『意志』を示す事は不可能ですが・・この歴然たる事実に多くの国民が気付けたなら、きっと我が国を覆う金融支配の実態を暴くことが出来るはずなのです。

G7で語られる内容が世界に向かって「何を意図し、何に向かって、何を誘導しているのか?」。

ヌーランドもゼレンスキーも・・同じ系統・・むにゃむにゃ・・

少なくとも当サイトの住人にして、陰謀論大好きタヌキの灰色の脳細胞には・・

  • エネルギーが高くなるのはロシアのせいだよ~
  • 食料危機が来るかもだけどロシアのせいだよ~
  • ロシアは絶対悪だよ~
  • ウクライナは可哀そうだよ~
  • だけど紛争の長期化は避けられないよ~
  • だから文句を言わず「show the flag」!
  • 黙ってアメリカ(金融)について来い(貢げ)よな!!

・・との”幻聴”ばかりが聞こえてくるのです。

妻

皆様、うちのがすいません。

ちょっとボケが入っているだけなので、笑って聞き流しておいてくださいまし。

保健所とか猟友会に連絡とかはシャレにならないので・・どうぞその点よしなに・・。

m(__)m

みなさんはG7会合に対し、どのような感想をお持ちになったでしょうか?

野生系タヌキ氏と「同じような感想」になってくれると、更新の励みとなるんですけどね~(チラチラ)

おしまい。

タイトルとURLをコピーしました