スポンサーリンク

米下院・訴追勧告:トランプ氏に責任?米議事堂襲撃事件

ブログランキング・にほんブログ村へ

米メディア発・報道テロ:鼬の最後っ屁

テレ東BIZ:議会襲撃事件で最終報告書 トランプ氏の扇動を認定【WBS】(2022年12月23日)

米議会襲撃でトランプ氏に責任、下院特別委が最終報告書

[ワシントン 22日 ロイター] – 昨年1月6日の米連邦議会議事堂襲撃事件を調査している下院特別委員会は22日に最終報告書を発表し、トランプ前大統領が支持者の暴挙を扇動したとして刑事責任を問われるべきとの見解を示した。(~中略~)

特別委は19日、議会手続きの妨害、米国に対する不正の共謀、虚偽の供述、暴動のほう助・扇動の4つの容疑でトランプ氏を訴追するよう勧告した。

報告書の要旨で「トランプ氏は『法律が忠実に執行されるよう配慮する』という憲法上の義務を守るどころか、選挙結果を覆すことを企てた」と指摘した。

トランプ氏は最終報告書の公表後、ソーシャルメディア(SNS)「トゥルース・ソーシャル」への投稿で「極めて党派的」であり「魔女狩り」と訴えた。「(1月6日の)抗議の理由である選挙を巡る不正を調査していない」とも主張した。(以下略)

Reuters(2022年12月23日配信記事)

先の米中間選挙の結果、すでに米下院の多数派は民主党から共和党に代わる事が決まっています。

慣例では、2023年1月1日(約1週間後)をもって新体制が始まります。

~お分かりですね~

今回の米議会襲撃でトランプ氏の責任を認定した『下院特別委最終報告書』は、下院議会構成が代わる最後のタイミングで提出した反トランプ陣営の「鼬の最後っ屁」と形容するほかありません。

委員のほとんどは民主党で構成され、おまけにネオコン側のチェイニー反トランプ急先鋒が参加している委員会とあっては、その結果や報告内容はまさに「出来レース」だったことでしょう。

また、下院においてかくの如き「勧告」がどれだけ為されようとも、何の権限も無く、法的拘束力も伴わない事から「この程度の話題をニュースとして取り上げる(日本側の)報道もどうなのか?」と、思ってしまいます。

悪いネズミ
悪いネズミ

要するに、日本の野合連中が部会やプロジェクトチーム立ち上げて「安倍政治を許さない」とか言ってるレベルだよね?

嫡男:スラ
嫡男:スラ

国連を自称する平和人権団体が、「日本は差別を止めろ!」なんて勧告を出す、あれと一緒だよね?

タヌキ
タヌキ

それそれ♥

IMFに出向した元財務官僚が「日本は消費税を20%以上に引き上げなければ未来はない」な~んて煽るのと同じ図式だな!(日本の新聞社は絶対記事化する。・・しかし全部無視でOK!)

で、トランプ氏が問題視する「不正選挙」についての報告は?

↑Reuters記事中太文字がすべてを物語っているように思うので引用しておきます。

  • 反トランプ&米民主党側の主張:「(トランプ氏側が)選挙結果を覆すことを企てた」
  • トランプ氏&共和党側の主張:「(バイデン民主党側が)選挙を巡る不正を調査していない」
誰が暴徒を引き入れたのか?映像を解析してみればいいんですよ!

襲撃を、なぜ現役だった頃のトランプ氏が扇動する必要があるのです?

バイデン陣営は、不正結果で当選した直後からを動かし、ホワイトハウス周辺や自身の身の回りを警戒監視させていますよね?

「トランプ氏だって当時、(軍動員)やろうと思えばできたはずですよね?」

それを選択しなかったのは、トランプ氏の祖国愛・国民愛の賜物という他なく、例え不正と言えども・・・・・・・・・選挙結果を受け入れる事で内戦へ発展する危険性を食い止めたかったからに他なりません。

ましてや三々五々集まる素人衆にSNSなどを通じて(現役大統領が直々に)扇動を持ちかけるなど、全ての状況証拠を照らし合わせても・・

「ありえない」と、結論付けられると思います。

悪いネズミ
悪いネズミ

それにしても不可解だよね~。

日本の報道では「トランプ氏に訴追勧告」とは伝えられているのに、トランプ氏側が問題視する「全米規模の不正選挙」についてはダンマリだもん。

嫡男:スラ
嫡男:スラ

まじ、日本の報道って欧米の大手メディア報道の「コピペ」。

まったく取材していない事がまるわかりだよ。

タヌキ
タヌキ

ってか、日本の報道各社が「欧米メディアの出先機関」、要するに子会社なわけよ。

裏取りとか、事実確認とかやるわけないじゃん(ファクトチェック・・どや顔)

こうやっていると仕事しているように感じますよね~。でも、よくよく注視するとただの報道テロリズムにも見えてしまいます。

そう言えば、最近4回目の離婚を決め込んだルパート・マードックさんって・・どこの会社のオーナーさんでしたっけ?

まさか、天下の自由主義陣営の報道・メディア界が、一部大富豪による寡占状態になっているなんて事は・・「あるわけないですよね?」

以上、

当サイト的には、

「米議会は、今ウクライナにも入り込んでいると噂されるプロ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・が起こした事件を、トランプ叩きに利用することなく、2020年の米大統領選挙で顕著となった『不正選挙』こそ早急に捜査・真相解明しろ~」・・と、結んでおきましょう。

トランプさんに返り咲かれると「マズい」と感じる勢力がいるんでしょうね~(ボソッ)

共和党の下院議員たち~!ウイルスプランデミックワクチンビジネス戦争ビジネスウクライナゲートハンターPCも暴いてくれ~

な~んてね。

おしまい。

タイトルとURLをコピーしました