国が「自助」を語る意味:国家の否定を首相自ら語る愚かしさ

ブログランキング・にほんブログ村へ

画像説明:【ま、浅いんですけどね♡】溺れてないけど助けてほしい甘えん坊なタヌキとニヤけるお友達の図

人類史に刻む:20年以上デフレに苦しむ国民に向かって語る首相の言葉

「武漢発生ウイルス」による未曽有の大混乱の真っただ中・・返す返すも・・乱世の舵取りは凡人には務まらない事を再確認させられるようで~・・無念。

首相、「まず自助」変えず 「事業伸ばしている人いる」

4日午前の参院予算委員会で、菅義偉首相が目指す社会像として掲げる「自助・共助・公助」について、菅氏は改めて「そうしたことを目指したいという私の考え方は変わっていない」と述べた。菅氏が昨年の自民党総裁選などで「自助・共助・公助」を打ち出した際、コロナ禍の中で「まず自助」としたことに反発も出ていた。(~中略~)

「コロナ禍の中で大変な状況だ。公助として、しっかり支えていくのは当然だ」としつつも、「自らの創意工夫でコロナ禍でも、事業を伸ばしている人がいる」と述べ、「自助」を重視する姿勢をにじませた。

朝日新聞DIGITAL(2021/3/4配信記事)

ぼくと身内は「公助」・あなたがた国民は「自助」・・って事?

「新聞メディアの仕事は権力の監視にある!」

「権力は国民の監視が無ければ腐敗する!!」

日頃、なにかと景気がいいくらい政治権力を目の敵にしている『オールドメディア界隈』ですが・・昨今「菅総理息子案件」から「総務官僚接待案件」と、盛り上がりをみせる分野をよくよくのぞき込んでみると”不思議に思う事”があるんですよね~~

疑問1:なぜ権力の中枢にいる菅さんの息子が「東北新社の部長」としていられたの?

つっこみ*「議員って権力そのものですよね?」

疑問2:民放や大手広告代理店には「国会議員や地方議員の一族」が多く採用されているのだとか・・

つっこみ*「社員に議員の身内が居て・・権力の監視とやらが出来るんですか?」

疑問3:NHKには数多くの「議員一族」が採用されているのだとか・・

つっこみ*「議員は”公”から所得を得て、NHKでは視聴料から一族が所得を得る」

疑問4:石原一族や小泉一族はテレビに出ていたりします・・タレントって言うんでしたっけ?

つっこみ*「それ・・もう”癒着”を隠そうともしてませんよね?」

タヌキ
タヌキ

ってことで、タヌは素朴な疑問を持つんだ~

「自助」って「他」や「公」に頼らない事だよね。

だったら、お手本を示さなきゃ!!

ちなみに公務員が自助するって事は、公務員辞めるって事と同義なのでしょうか?ぷぷ

タヌキから菅さんへのお手紙
菅さん!パソナは人材派遣会社なんですって・知ってた?

菅さん・・申し訳ありませんが「自助」のお手本をどうか私たち一般国民に見せていただけないでしょうか?

大変恥ずかしいのですがタヌキ・・「公」から所得を得た経験が人生一度たりともありません。

別段公務員の方でなければ、国民の大半は自己努力のもと所得を得てこられた人たちばかりだと思います。

その方たちは~いわゆる自助~を、今まで続けてきたんですけど・・

ところが皮肉な事に、なぜか最近「公」から所得を得てきた者から・・「自助を優先しろ!」と、圧力が掛けられて大変なんです(シクシク)

この「武漢発生ウイルス」の蔓延中にですよ!信じられますか?

たしか公務員や議員・NHK職員は税金や視聴料から所得を得ていますよね?

それって平たく言えば、~ずっと自助状態じゃなかった~事の証明でもあります。

そんな、今まで長く「公」に生きてきた方から、一般の国民が「自助」を説かれるへんてこな世の中になってしまっています。

戦後GHQより間接統治を任された【自民党】の総裁にして総理大臣・「菅義偉」さんならきっとわかってくれるでしょう。

タヌキのお願い:わかりやすく2点にまとめて要望しますね♡

①「公助」に生きた者から、「公」を取り上げ「自助」を与えてみてください。

②「自助」に生きてきた者に、「公」を与え”無理をしないで”とお伝えください。

たったこれだけで、デフレの20年以上が如何にでたらめだったかを、双方がはっきりと理解する事でしょう。

アイヌ利権を固定化し、パソナや電通に業務委託という名の中抜き経済を推奨し、自身の息子がなぜかメディアに勤めていた・・親愛なる菅首相さんへ。

タヌキ
タヌキ

PS.余談ですけど、タヌが総理だったら国民みんなを救おうとしますけどね。

世界一金余り国家の日本が、たかが「金」の心配なんてしなくていいんですから簡単な事ですよ!

「ウイルス蔓延によって失ったすべての所得を補填します」

「だからお仕事辞めないで・お店は閉めないでね」

「日本に必要なのは所得を稼ぐ職場と、需要を満たす供給能力」

「みんさん、すべては日本国にお任せください!」

こう高らかに宣言して見せるんですけどね~

タヌは日本と日本国民が大好きだからね!

菅さん・・あなたはどうですか?

ま、政治・言葉のセンスがね~よ・・菅さん

主に自公政権の政治主導で進められたデフレ化政策。

貧困・・人材派遣・・格差拡大・・そして「自助」・・

その煽りをもろに受け顕在化した「国民所得の減少」・「人口減」などを、未だに「必然の社会現象」と、ある意味肯定的に捉えているんですから救えませんし、身内や政商に甘く、国民に「まず自助」と説く”悲しいほどの”政治センスも・・とても一国を背負って立つ人物のそれとは感じられません。

みなさんも「緊縮財政脳」に犯された菅さんの信条・・言葉の端々から伝わってきませんか?

やっぱ施政方針演説の「梶山静六のくだり」過去記事で感じていた”懸念”は当たっていたようですね・・

公人が「公」を否定する事=それは公の前提「国」を否定するという事

なぜ人類は歴史的に例外なく・・人が寄り集まり国を造ろうとしたのか?

それはひとたび大災害や戦乱が襲い掛かれば、個人の力では到底助からない事を知らされてきたから。

共通の国を造り出そうとした人々の「国」によせる根本欲求、それこそが「公助」の正体。

ならば、いざとなって「公助」が期待できない「国」を、誰も「国」とは認めない。

「公人」が「公助」を渋れば、もはや「国民」は「公(人)」を必要としなくなる。

悪いネズミ
悪いネズミ

菅さん・・これわかんなかったのかな~(もう少し言葉を選ぼうね)

国民はウイルス蔓延で疲弊しているんだから・・頼みますよ♡

我が国は数多の自然災害が押し寄せる「災害大国」。

だからこそ我が国は世界史に類を見ない規模での「公助」を施し、国民同士の「助け合い」を当たり前とし・・それを「国是」としてきました。

また、みなさんもご存知のように・・荒ぶる神々と人間との調停者にして大司祭、『歴代天皇』を国の中心にいただき、国民が家族のように寄り集まり、協力しながら「日本国」を支えてきました。

その伝統は世界最古・・2021年は皇紀2681年

政治のトップが「自助」を声高にさけぶ現在を眺めるにつけても・・「国家観」の維持、とりわけ歴史教育は大切な事なんだな~と、しみじみと感じてしまいました。

タヌキ
タヌキ

菅さん、もう日本の舵取りとか・・そんな大それたこと考えなくていいから

「ご自分の身辺整理」

「身内のしつけ」

「政商を遠ざける」

せめてこれだけやってみてはいかがでしょうかね・・

どこかのアホな首相が言ってましたが・・それこそ先ずは「公助」に頼らない生き方・・おすすめですよ!

選挙といっても・・投票先が見つからないよ~~

今後、自民党の支持率低下は必至ですが・・受け皿の野党は外国の事ばかり・・

はやく我々日本人の為の「政治政党」をつくっていかねばなりませんね。

自助≠出来ないでしょ?だから増税

公助≠お金が足りません!だから増税

何があっても=結局増税

国民に「自助」をお願いするなら、まず大前提として「自助」が可能となるほどに実質賃金を増やす政策を進め、あわせて減税すればいいだけでしょ?単純明快。

業務委託・人材派遣会社等・・中抜き業者に還流させた税金は、結局富裕層と株式を通して国外の投資家に奪われていくだけなんですけどね~

公の代表が語る明け透けなほど軽い・・「自助・共助・公助」の「自助」を取り上げてみました。

おしまい。

タイトルとURLをコピーしました