5月5日はこどもの日・端午の節句:由来・縁起物について解説

ブログランキング・にほんブログ村へ

画像説明:【こんなタヌキのぼりいかがですか?】すくすく元気なこどもの日&(妻談)頑張れカープ!の図

毎年5月5日は『こどもの日』そして同時に五節句の一つ、『端午の節句たんごのせっく』でもありますね。
一般的には、この日にあわせて数日前から庭先などに『こいのぼり』を揚げて、家の内には『武者人形』や『兜・鎧』を飾り、縁起物の『ちまき』を食べる日としてなじみが深いと思います。

子育て中
子育て中

うちの子が喜ぶから、毎年小さな『こいのぼりの旗』を飾って、『ちまき』食べたりしているんだこど・・そもそもなぜこんな習慣が出来上がっているの?


この記事では知っているようで知らなかった・・『こどもの日』『端午の節句』にちなんだ事柄をご紹介しています。

前後編の2部編成:今回は後編・『こどもの日』の由来・あれこれについてです。

まだ前編をご覧になっていない方は↓↓よりお越しいただけます。

5月5日『こどもの日』の由来:『屈原』と楚辞のご紹介・前編
5月5日は端午の節句。同時にこどもの日として祝日になっていますね。今回は5月5日にちなんだ素晴らしい楚辞「漁父」の紹介です。古代シナ南方に花開いた民謡や宗教歌に基づく文学的作品。屈原によって楚辞は頂点を迎えたといわれています。

国民の祝日:こどもの日

5月5日は『こどもの日』として我が国では祝日になっています。

こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。

内閣府・こどもの日説明文

『節句』について

五節句名いつ縁起の植物縁起もの
人日じんじつ1月7日春の七草七草がゆ
上巳じょうし3月3日桃・よもぎ白酒・ひなあられ
端午たんご5月5日菖蒲ちまき
七夕しちせき7月7日竹・笹瓜・そうめん
重陽ちょうよう9月9日栗ご飯・菊料理

ちなみに1年に5回訪れる「五節句ごせっく」はこんな感じです。

年始の1月1日に遠慮して『人日の節句』のみ、つきにズレがありますが、その他は一桁の奇数月と日にちが重なり合う日が『節句』になっているのが分かると思います。

節句とは?

タヌキ
タヌキ

現在の日本は太陽暦(代表例:グレゴリオ暦)を採用しているけど、もともとは長く、陰暦(太陰太陽暦:月の満ち欠けの周期)を用いていました。

節句は陰暦と関係が深いんだよ。

世界で最初に陰暦を発見した「メソポタミア文明」(チグリス・ユーフラテス河岸一帯)の影響は、ユーラシア大陸を東へ東へと伝播し、太古の昔より日本列島にも伝えらていました。

日本は別名瑞穂の国みずほのくにとも呼ばれています

それが日本の稲作の周期”田起こしから収穫~次の田起こしまで”を1年とする捉え方と、3月3日・5月5日など月日の重なる陰陽的語呂合わせが融合し、季節の節目(稲作の節目)を「節句」と捉えるようになったそうです。

【もっと詳しく】節句の説明記事

節句について
『五節句』・・それは稲作の周期にあわせ1年を5つの季節に分けた節目の事。陰暦と陰陽道的価値観がうまく融合した自然観測の一環で、古来より日本人はこの日にあわせ自然・神々に感謝し、厄払を払い、稲の成長を見守ってきました。

『端午の節句』とは?

5月5日は端午の節句たんごのせっく』・『菖蒲の節句しょうぶのせっくと呼ばれています。

端午の節句たんごのせっくの名称については・・

「旧暦のうし月は5月に該当し、5月の最初たんの日を季節の節目として特別視し、様々な行事・祭を開催した」事に由来するそうです。

しょうぶもアヤメも漢字で書くと『菖蒲』:しょうぶはサトイモ科・アヤメはアヤメ科・・ご存知でした?

そして菖蒲の節句しょうぶのせっくについては・・

①「宮中行事の一環で、この頃に咲く菖蒲の花で飾り立てた公家同士がお互いに健康を祈願し薬の玉を交換し合っていた」

②「鎌倉期以降、武家の時代に花の『菖蒲しょうぶ』と、武門を貴ぶという意味の『尚武しょうぶ』が同じ発音である事から関連付けられた」

③「菖蒲の花の形がそもそも刀の切っ先に酷似しているとされた」

この3種類の由来が時代を経るごとに融合し、端午の節句たんごのせっくの別称として関連付けられていったようです。

『こどもの日』についてのあれこれ

ここからは5月5日がどうして『こどもの日』となったのか、様々な縁起はいつごろからやり始めたのか?などについて解説します。

5月5日が『こどもの日』になった訳

タヌキ
タヌキ

前編で解説した『屈原くつげん』とその詩(楚辞『漁父ぎょふ』)を思い出していただきますように。

屈原に由来:『こどもの日』になるまでの道のり

亡国を阻止する事が叶わず、失意のうちにさまよった屈原は、『懐沙』・詩『漁父ぎょふ』を最後に「汨羅江べきらこう」の淵に入水自殺を遂げてしまいます。

その日はちょうど5月5日・・

前278年頃・・今より約2300年前の出来事だったそうです。

当時、屈原の入水に驚いた漁民が慌てて舟をこぎ出し救出を試みたものの、無念にもかなわず、その亡骸は淵の水底へと落ちていきました。

後年、それを悔いた地元住民は舟をこぐ練習や競争を始め水難者の救助訓練を開催し、屈原の霊に対しては竹筒にお米を入れたものを淵に投げ入れ”供養”としていました。

ところが、漢代(およそ前200年以降)になってある役人(長沙の區曲)の夢に出てきた屈原がこのように訴えたといいます・・

屈原の霊
屈原の霊

いや~毎年私を弔ってくれるのは大変ありがたい事なのだが・・この汨羅の淵の底には『蛟・みずち』(竜とも)が住んでおって、供物のことごとくを食べてしまうのじゃ。

だから今後は、米の入った竹筒を『楝の葉おうちのは』で包み、それを五色の糸で縛って投げ入れてはくれないか?

これをすると『蛟』除けとなり、私のもとに供物が届くのじゃ・・頼んだよ~

ドラゴンボート

屈原にまつわるこれらの故事がきっかけとなり、毎年5月5日に合わせ『船競争』(ペーロン競争)を開催し、『ちまき』を食すという2つの習慣が誕生しました。

そしてこの言い伝えが日本に伝わり、時代を追うごとに伝統的な・・

  • 公家社会の健康祈願の節句
  • 武家社会の尚武祈願の節句
  • 農民社会の豊作祈願の節句

これら3つの縁起が混ざり合ったといわれています。

また5月は『毒月』とも呼ばれるほど”食中毒”が流行り出す時期と重なることから、昔から日本では菖蒲やヨモギを用いた毒除け・厄除けのおまじないを施したり、 薬用酒を飲んだり・抗菌作用の強い食材を食べるなどしていたそうです。

さらに時代が下って江戸期に入ると日本は長い太平の世を迎えるようになり、多くの人々が蓄えを持てるようになりました。

そのおかげでしょう、武家では男子が誕生するとその成長を祈願し5月5日の節句を盛大に祝ったそうで、また幕府も正式に5月5日を”子供の健康・将来の尚武を祝う日”と定めました。

これによって勢いづいた商家は5月5日の節句にちなんだ商売を次々と考えだすようになり、農民もまたこどもの健やかなる発育を願う日として、武家や商家に負けじと祝うようになっていったそうです。

  • 舟の競争=体力作り
  • ちまきや菖蒲酒=食中毒防止
  • 菖蒲⇒尚武=子供の健康祈願
悪いネズミ
悪いネズミ

屈原にまつわる故事・日本独自の節句の祝い・・これらが今に伝わり、5月5日は『こどもの日』として定着したんだね。

タヌキ
タヌキ

そゆこと♥

楝とは

「おうち」「せんだん」

センダン科センダン属の落葉樹で、その葉は古くから虫よけや薬用に使われていました。

*実は毒性を帯びています。

汨羅江(べきらこう)とは

現シナ国湖南省、洞庭湖に注ぐ長江右岸の支流。太古の昔に存在した国家『羅』の名称にちなむ。

『こいのぼり』について

こんにち的な節句のお祝いは、江戸期以降の武家の尚武祈願から広がりを見せ始めた風習でしたので、『こいのぼり』の前身は旗印・馬印を庭先などに飾り立てたものが主流でした。

しかし、後には財を蓄えた町人や農民もこぞって祝い始めた事から、武家に配慮し『五色の吹流し』『鯉の吹流し』を飾るようになったそうです。

旗印・馬印とは

旗印はたじるし=戦場で目印となるように旗につける文字や家紋

馬印うまじるし=戦場で主に大将格の陣地に置かれた目立つ物・武具など

のぼり旗に鯉が描かれた理由は?

鯉は大変縁起のよい魚として有名で・・400年代、東晋に生まれ後に宋の政治家となった『范曄はんよう』が綴ったとする後漢書ごかんしょには、~黄河の竜門の滝を多くの魚が溯上そじょう(流れに逆らい登る事)を試みたが鯉のみが成功し、やがて竜となった~との故事が見受けられるように、古来より健康の象徴・出世の象徴として縁起もの扱いされていました。

この故事から『こいのぼり』が誕生したとされています。

タヌキ
タヌキ

『こいのぼり』自体は日本が独自に発展させた節句飾りなんですよ!

嫡男:スラ
嫡男:スラ

ちなみに、何事かを起こすため避ける事の出来ない”最初の難関”などを、俗に

「○○の登竜門とうりゅうもんと呼んだりしますが、これは「竜門の滝の故事」に由来しています。

『こいのぼり』の種類や形は?

実際に魚の形になった『こいのぼり』が誕生するのは江戸期も末の頃と言われていて、鯉についても、元来は真鯉(黒い色)のみでしたが時代が下がるにつれ”ひ鯉”が登場したり、子供の鯉も飾られるようになったそうです。

悪いネズミ
悪いネズミ

観光地や温泉地の河川沿いなどに季節外れの『こいのぼり』が飾られてあるのを見た事はありませんか?

あれは『観光目玉』としての意味合いばかりでなく、竜門の滝の故事にあやかって「商売が繁盛し地域全体が活性化するように」・・との願いが込められているのかもしれませんね!

妻

庭付きのお住まいをお持ちでない方も多くいらっしゃることから、最近ではより小型化した『こいのぼり』があったり、ベランダや室内用などの小旗サイズのものも取り揃えているそうですよ。

縁起のよろしい伝統を絶やさないようにしていきたいですよね♥

タヌキ
タヌキ

鯉と言えばカープ・・

そういえばお前、根っからのカープファンだったよな?

今年(2021)はどんな塩梅なんだい??

(例年こいのぼりの季節までって・・噂だけど・・)

妻

ゴールデンウイーク・・はじめに1勝しただけで、引き分け挟んで6連敗中じゃ~~(怒)・・(実話です)・・

頑張れカープ!!

きゃわわの森下君♥

『五月人形』について

『こいのぼり』の説明とほぼ重複します。

江戸期の武家に端を発した節句飾りでしたが、時代を追うごとに町人や豪農などにも広がり、武者人形・兜や鎧飾り・弓矢や太刀飾りもあわせて玄関先や床の間など、屋敷の目立つ場所に飾られるようになったそうです。

飾り付けにはそれぞれ意味合いがあり、

『鎧・兜』は、身を守る防具から転じて、子供に降りかかる災難や病気から守ってもらえる象徴。

『弓矢・太刀』は、長い弓は神の宿る依り代・太刀は護身の象徴として飾られたそうです。

そして、ご注意願いたいのは『人形』そのものに込められた意味合いです。

『雛飾り』の人形も、『五月(武者)人形』も・・もとは人身御供、つまり子供に降りかかる厄除けの身代わりという期待が込められています。

ちょっと豆知識:天児あまがつ」「這子ほうこについて

『雛飾り』も『五月人形』も、もとは「天児あまがつ」や「這子ほうこ」といった子供に特化した身代わり人形がそもそもの原型です。

子供が生まれてすぐなどに、その子が本来背負うはずの「やくわざわい」を人形(天児あまがつ這子ほうこ)に移し祓いとしてきました。

妻

みなさんご存知でした?

ですので、ついうっかり近しい人にご自分のお子さんの『五月人形』のお下がりをあげてしまったり、また知人からもらい受けたり、安いからとネットオークションなどで中古の品をお取り寄せすると・・

『前の所有者の”厄”まで引き受け(与え)てしまうかもしれません!』

ですので、人形についてだけは一人のお子さんに一つづつ・・専用の人形をご準備ください。

では、人形は何歳まで飾って、どう処分すればいいの?

昔の元服(成人)が12歳~16歳までになされていた事から、『五月人形』もそのころまで飾られていたようです。

近年においては2022年4月1日からの民法改正により、成人は18歳に引き下げられる事が決定しています。

ですので、今後は『五月人形』も18歳までの飾り付けが妥当になっていくのかもしれません。

また、気になる『五月人形』の処分方法についてですが、こちらは『人形』全般に言及できることとして、あくまでも”身代わり”を引き受けて頂いたのですから、『処分』と考えず感謝の気持ちを込めて『人形供養』をすることが好ましいでしょう。

ご近所にあるお寺さんや神社をお尋ねください。

またネット検索すればその道のアドバイスを頂けるホームページなどに出会えるはずですし、大き目の社寺なら飛び込みで行っても快く案内をしてくれることでしょう。

子供の成長を見守り、ご家族の毎日を共に見続けた人形たち・・

最後の瞬間まで大切に大切に、感謝をもって送り出してあげてくださいネ♡

『ちまき』について

ちまきと言えばシナではこんな感じ

屈原のお告げ(夢)によって供物の「お米の入った竹筒」を楝の葉で巻き、五色の糸で縛るようになっていきましたね。

その故事がやがて日本に伝わり、現在の『ちまき』となっていきました。

実は『ちまき』の語源については”くるむ葉っぱ”に関係があったそうで、元来日本では『ちまき』の包みには『ちがや』の葉を使用していたそうで、『ちがや』『き』が詰まって茅巻ちまき』と呼ばれるようになったそうです。

屈原の故事と、食中毒が流行りはじめる5月(毒月)を乗り切る生活の知恵が融合し、5月5日の縁起ものとして定着していきました。

現在の『ちまき』は?

現在の日本では『ちまき』は、竹の皮や笹で包まれたものが一般的になっています。

また肝心の中身については地域性が存在するようで・・

『東日本』=竹の皮で包まれた『おこわ』

『西日本』=笹で包まれた『お団子』

・・が主流になっているようですね。

まとめ

『こどもの日』にまつわるあれこれと題し、

前編:『屈原』の紹介と楚辞『漁父』について

後編:『こどもの日』の由来・あれこれについて

前後編の2編に分けて紹介してみました。

悪いネズミ
悪いネズミ

すべての大本は今から約2300年、楚国の『屈原の故事』に由来しているんだったね!

タヌキ
タヌキ

楚辞『漁父』は、シナ南方の古典文学史上、最高傑作の一つだと思うぜ!

妻

それが日本に伝わって・・陰暦の季節の節目『節句』と結びつき

  • 公家社会の健康祈願の節句
  • 武家社会の尚武祈願の節句
  • 農民社会の豊作祈願の節句

時代を追うごとに今の『こどもの日』の形が出来上がっていったと。

嫡男:スラ
嫡男:スラ

『端午』は月の最初の牛の日・・

『菖蒲』は菖蒲の花と尚武をかけて縁起を担いだんだったよね。

嫡男:スラ
嫡男:スラ

そして『こいのぼり』『五月人形』など、端午の節句にまつわる様々な縁起物は、社会が安定し人々が蓄えを持てるようになった江戸期に流行り出しましたとさ。

おしまいおしまいっと♥

昔少年少女だったみなさんも・・

ただいま絶賛子育て中のみなさんも・・

知っているようで知らなかった『こどもの日』にちなんだ由来・あれこれ・・

毎年何気なく過ごしてしまう『節句』や『縁起』の振り返りとしても、この記事が少しでもお役に立ちましたら幸いですし、みなさまの開運の”きっかけ”となりますようにと、心から願っております♡

おしまい。

タイトルとURLをコピーしました