ワクチン義務化のアメリカとイスラエル新規感染者増加の疑問点

ブログランキング・にほんブログ村へ

画像説明:【自由な国でも義務化?】効けば問題ないのですが・・と思うケモノ衆の図

アメリカ:対象を絞りワクチン接種義務化へ

ワクチン!検査!ワクチン!検査!

バイデン米大統領、大企業従業員にワクチンか検査を義務付けへ

アメリカのジョー・バイデン大統領は9日、新たな全国レベルの新型コロナウイルス対策を発表した。大企業の従業員に対し、ワクチン接種か毎週の検査を義務付ける。連邦職員のワクチン接種も義務化する。

アメリカではこれまでに65万人以上がCOVID-19で亡くなっており、病床も逼迫(ひっぱく)状態にある。

バイデン大統領は、今年の夏は「自由な夏」になると約束していたものの、感染力の強いデルタ株が猛威を振るった。

ホワイトハウスでの記者会見でバイデン大統領は、従業員100人以上のすべての企業に対し、従業員のワクチン接種か、少なくとも週1回の検査陰性証明の提出を義務付けるよう、米労働省に命令したと述べた。(~中略~)

アメリカで死の危険にさらされているCOVID-19患者の大半はワクチンを受けていない。同国では約8000万人がなおワクチンを接種しておらず、パンデミック対策を成功させ、民主党政権への追い風としたかったバイデン氏にとって痛手となっている。

そのほかの新施策は以下の通り。

旅客機に搭乗の際、マスク着用を拒否した乗客への罰金を2倍にする

家庭用検査キットの製造を加速させるため、国防生産法を発動する

感染が拡大している地域に医療従事者を派遣する

病院へのモノクローナル抗体治療の無償提供のペースを加速する

一部の共和党員からは発表後すぐに、個人の健康にかかわる決定に政府が関わるべきではないとの批判が出た。(以下略)

BBCNEWSjapan(2021/9/10配信記事)

アメリカ国内では未だ約8000万人の国民がワクチン接種を受けておらず、今回の義務化によって約8000万人ほどに影響が出ると予想されています。(対象となる連邦職員は約250万人)

武漢発生ウイルスの影響によって、日本以上に深刻なダメージを受けているアメリカにとっては感染症対策はまさに喫緊の課題となっているのでしょう。(現在アメリカの流行株は主にデルタ亜種AY.4)

今回の義務化決定はバイデン政権のワクチンに対する期待の度合いが浮き彫りとなった格好ですね。

嫡男:スラ
嫡男:スラ

ワクチン接種か検査のどちらかを選べるってなっているけど・・よく読めば読むほど実質「ワクチン接種の義務化」だと分かります。(連邦職員については接種義務化)

ワクチン・・効いて副作用が無ければ誰も文句を言わないんですけどね~効けばね~・・

疑問に思われる「ワクチン接種先進国イスラエル」の事例

今尚世界中で猛威を振るう武漢発生ウイルス。

3回ブースト案?半年ごとに接種?

世界に先駆け、ワクチン接種による集団免疫確保によってウイルスパンデミックを乗り切ろうと試みていたイスラエルから、最近思いもよらぬ情報が寄せられています。

ご興味のある方は、↓下のリンク先に行かれて確認してもらいたいのですが、どういった理由か今現在、ワクチン接種を積極的に進めた国家程『武漢発生ウイルス新規感染者数』は増加傾向を示しているようなのです。

外部リンク⇒人口あたりの新型コロナウイルス感染者数の推移【世界・国別】

さらに一部報道では、いわゆるウイルス感染による重症化(死亡者)についても、イスラエルでは”増加”と報告されています。

2021年初頭、ワクチン接種のおかげでウイルス新規感染者を大幅に抑え込むことに成功したとウイルス克服宣言を出したイスラエル。

今年6月には勝利宣言の証として、

  • ソーシャルディスタンシング解除
  • ワクチン接種証明書「グリーンパス」保持者限定の各種イベント開催解禁
  • マスク着用義務の撤廃

などの各種規制が解除されていましたが、今年7月から8月にかけての感染者増・重症化増を受け皮肉にも同国では「時期尚早だったのではないか?」とする懸念が巻き起こり、ワクチン接種の有効性を含め様々な見直しが進められつつあるそうです。

実際、同国発の報告によると「ワクチン(米ファイザー製)接種による感染防止効果が6カ月で約60%、7カ月後には約40%にまで低下する」とされています。

悪いネズミ
悪いネズミ

さらにイスラエルについて一部報道では「ウイルス感染による入院患者の約60%はワクチン接種済(2度)だった」としていて、ワクチンの有効性について懐疑的な意見が続出しています。

(もちろんそれ以上にワクチンの有効性を示す報道もなされています)

嫡男:スラ
嫡男:スラ

なんだか世界的にワクチンにまつわる情報が錯綜している感じだよね~

どこを信じていいんだろう・・

BBCNEWSjapanによると・・

イスラエル・1948年独立宣言:人口約880万人・国旗の青は空・白は純潔・中央のマーク(六芒星)はダビデの星に由来

パンデミックから抜け出す方法 追加接種のイスラエルから分かること

イスラエルは、40歳以上を対象に新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種を行う、ブースター(追加免疫)接種プログラムを進めている。そして、そのプログラムは成功の兆しを見せつつある。しかし最近になって感染者が急増し、予防接種プログラムの今後や、現在進行中のパンデミックに関する議論が巻き起こっている。

今春までは事実上、イスラエルの人々の生活は通常に戻り、感染者数は少ない状態が続いていた。そのため、ワクチン接種によって新型ウイルス感染症COVID-19がほぼ抑え込まれたかのように見えた。

ところが、7月以降に感染者が再び増え始めた。

イスラエルは昨年の冬、国民に免疫をつけようと急ピッチで接種を進めた。国民への接種を進めている世界のほかの国々は、これから数週間から数カ月の間に一体なにが待ち構えているのか、イスラエルの状況に注目している。

9月1日の学校再開後も、ユダヤ暦の新年祭「ロシュ・ハシャナ」など大勢が集まる機会があるため、イスラエル保健当局の指導者たちは感染状況に注意を払うこととなる。(~中略~)

免疫力の低下

従来株より感染力が高いデルタ株は、ワクチンによる感染防御効果の一部を回避できるようだ。それでも重症化の防止に関しては依然として高い効果がある。

しかし、データ分析を行う科学者たちは、当初イスラエルで唯一使用されていた米ファイザー製ワクチンで獲得した免疫力が低下したことが、最近の感染増加の主な要因だと考えている。

イスラエル政府に新型ウイルスに関する助言をしているエラン・シーガル教授は、ワクチン接種から5~6カ月が経過すると、その予防効果は接種後の90%超から、おそらく30~40%程度にまで低下するとしている。

「これが感染拡大の波を引き起こした」と、シーガル教授は述べた。異なる月にワクチンを接種した人たちの感染率を慎重に分析し、この結論を導き出したという。

ワクチンの効果は弱まるものの、依然としてかなりの人を重症化から守っている。未接種者が重症化する確率は、接種した人と比べて60歳以上では約9倍、若年層では約2倍高い。(~中略~)

今後はどうなる?

世界中の多くの人がいまだに1度もワクチンを接種していない中、ブースター接種プログラムを展開すべきかどうか、激しく議論されている。

また、インフルエンザワクチンのように、半年あるいは1年に1回という接種ペースを維持できるのかという疑問もある。

新型ウイルスワクチンがほとんどの人にとって安全で効果的だと示す多くの証拠を積み上げてきた一方で、まだ情報が必要な部分もある。たとえば、免疫が具体的にどれくらい長く続くのか、そして3回接種すればその効果はもっと続くのか、さらに情報が必要だ。(~中略~)

科学者たちは、新型ウイルスへの感染を繰り返すうちに、ワクチンによる防御効果と、過去の感染による自然免疫により発症リスクが低くなり、やがて比較的問題ではない病気へと変わっていくのではないかとの仮説を立てている。

一方で、これには高い代償が伴うと懸念を示す人もいる。最も弱い立場にある人たちがブレイクスルー感染(ワクチン接種後の感染)する可能性や、COVID-19の症状が長期化する「Long Covid(長期コロナ感染症)」の最終的な被害は未知数であるからだ。

少なくとも、イスラエルのブースター接種事業が、今なお残る疑問への答えを導き出してくれるかもしれない。

BBCNEWSjapan(2021/9/10配信記事)

報道では、ワクチン接種による重症化予防効果は疑いようのない事実としていますが・・拭えぬ懸念への答えは今のところ誰も持ち合わせてはいないようで、今後のイスラエルの動向に注目が集まっていると結んでいますね。

ウイルスとワクチンに関する拭えぬ懸念

ワクチン接種を積極的に進めた国家で、なぜ新規感染者(重症化)が増えているのか?

  • ワクチンの有効期間が過ぎたから?
  • ウイルスの変異が原因(デルタ株など)?
  • ワクチン接種により逆に人体の持つ自然免疫力(抗体)が下げられ、接種しなかった場合より感染・重症化を誘発している?(抗体依存性免疫増強:ADEの懸念)

なにぶん海外の事例で、おまけに現在の状況と言えば新型株とワクチン効果の”イタチごっこ”みたいになっておりますので、なかなか正確な数値には触れにくいのが正直なところです。

ワクチンの効果を誇張したい製薬会社側の利益誘導や、反ワクチン側の陰謀論などと言った尤もらしいこじつけはこの際抜きにしても・・片時も予断を許さないウイルス蔓延の状況変化に、

未だ世界中で「正確な数値の統計(集計)が追い付いていない」

・・というのが実際のところなのではないでしょうか?

ウイルス・ワクチンに関する更なる情報の精査が今後の課題と言えそうですね。(噂される新薬情報も散見され始めました。点滴・服用タイプ

タヌキ
タヌキ

今後、ワクチン先進国のイスラエルをはじめとする諸外国の『新規ウイルス感染者』・『重症化患者』の推移や、感染者(重症者)がどの程度ワクチン接種済みだったか(ブレイクスルー率)などについて、正確な情報が伝わり次第みなさんにお伝えしようと思っています。

アメリカの事情と我が国に対する一抹の不安・・

ワクチン接種は有効:バイデン「少数派の政治家と少数派の一般米国人が妨害勢力化している!」・共和党系議員「まるで独裁国家だ・・」

アメリカは武漢発生ウイルス克服に向け、公務員や一定規模以上の企業に対し『ワクチン接種を義務化』する方向へと舵を切りました。

他方において、

ワクチン先進国家と言われ一度は勝利宣言まで出されたイスラエルでは、皮肉にも爆発的な勢いで新規感染者(ワクチン接種済み)が増えているとの報告が寄せられるようになりました。

アメリカは新しく寄せられているイスラエルからの事例をどのように分析したのでしょう?

武漢発生ウイルス累計感染者数累計死亡者数
アメリカ約4086万人約65万9000人
日本約1634万人約1万6770人
数値は2021年9月11日現在

↑図の様に、かの国のパンデミック被害の状況を加味すれば当方が抱える一抹の疑問などはゴミ箱にでも簡単に払い除けられてしまうのでしょうが・・

我が国の今後の(ウイルス対策の)行く末を考える時・・精度の低い情報を基にした安直な義務化や強制化が進められることが無いようにと願うばかりです。

まとめ

世界的流行からもうすぐ2年を迎えようとしている「武漢発生ウイルスパンデミック」

今尚錯綜するウイルス・ワクチンについての様々な情報・・

各国ごとに温度差のある対ウイルスへの取り組み・・

どうやら人類は、ウイルスパンデミックに対抗する”解”を未だ見つけ出してはいないようです。

しかし、も・ち・ろ・ん・絶望には及びません♥

慌てず、騒がず、過去に克服したウイルス史を紐解き、ウイルスの宿命(時間の経過とともにウイルス自体が勝手に毒性を弱める)を正しく理解し、やるべきことをやる。

  • 過度な三密はなるべく避ける
  • 帰宅時の手洗いうがいを徹底する
  • 自己免疫力を高める(バランスの良い食生活・十分な睡眠・適度な運動)
  • (ウイルス・ワクチンに関する)最新の情報に触れ知識を高める

ワクチン接種済みだろうがそうでなかろうが、過度な油断は大敵です。

先ずは『基本の徹底』継続してまいりましょう。

【開運開運】

当サイトでは今後とも、シナ由来のウイルスを早期に克服できるよう、精一杯ウイルス・ワクチンに関する精度の高いと思われる情報をみなさんに提供し続けてまいりたいと思っております。

おしまい。

タヌキ
タヌキ

藪なタヌキの適当記述だけど・・何のバイアス(工作資金)も掛かっていないから”案外”お役に立てるかもしれませんよ。

たま~にで結構なので・・お暇になったら覗きに来てくださいネ。

(|д゚)チラッ)

タイトルとURLをコピーしました