スポンサーリンク

仏大統領選24日決選投票:金融とマクロン氏の関係

ブログランキング・にほんブログ村へ

金融の回し者に挑む愛国者ルペン候補

ANNnewsCH:仏大統領選 ロシアへの姿勢など両候補が直接対決(2022年4月21日)

ロシアの銀行からお金を借りた程度の事が批判の対象になるのならば・・

バイデン親子は地球上から消滅しなければならないでしょうし、クリントン夫妻などは、さらに桁違いの献金(裏金)総額をすべて説明しなければならないはずです。

もちろんマクロンさんも例外ではありません。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、彼はこんな感じで人生の錬金術に大成功していますね!

さすがヴェオリアの本場にして、ゴーンの国籍地だけの事はあります。⇇ちなみに魔女狩りの本場への最大級の褒め言葉です。(過去記事

エマニュエル・マクロン

財政監査官

2004年に国立行政学院(エナ、ENA)を卒業したマクロンは、経済・財務省の中心機関であるアンスペクション・ジェネラル・デ・フィナンスの財務監査官(ないし財政監査官)に就任する[10]。マクロンは当時のIGFトップのジャン=ピエール・ジュイエから指導を受けた。 また財政監査官のあいだ、エリートの私立CPGEであるIPESUP(HP)の「prep’ENA」(ENA入学試験のための特別塾)で夏季レクチャーを行った[11][12]。

2007年8月、ジャック・アタリの「フランス成長解放委員会」の報道官に任命された[13]。2008年12月に政府契約から自身を買い取るために5万ユーロを支払った。その後ロスチャイルド&Cie銀行の高額給与ポジションの投資銀行家となった[14]。2010年3月にアタリ委員会のメンバーに任命された[15]。

投資銀行家

2008年9月、マクロンは監査官を辞め、ロスチャイルド&Cie銀行に勤めた。ニコラス・サルコジが大統領に選出されたために政府関係の職から離れたといわれる。ロスチャイルド&Cie銀行での彼の最初の仕事はCréditMutuel Nord Europeによる消費者金融会社コフディスの買収支援だった[16]。

マクロンはル・モンド紙の監督委員会を務める実業家アラン・マンク(英語版)と関係を結んだ[17]。2010年、マクロンはル・モンド紙の資本増強とアトス社によるシ―メンズITソリューション&サービスの買収に関わった後、ロスチャイルド&Cie銀行と提携するよう彼を促した。同年、マクロンはマネージングディレクターに任命され、ネスレが乳幼児飲料を中心としたファイザーの最大の子会社の買収を担当した。この総額90億ユーロにものぼる取引での分担金により、マクロンは億万長者となった[18]。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』エマニュエル・マクロン
タヌキ
タヌキ

アタリっておま・・

ロスチャイルド&Cie銀行(当時、年収だけで・・・2億円以上+特別手当)っておま・・

完全に回し者やんけ!

あの”朝日”でさえ、このように報じています

約3時間に及ぶ舌戦。短く編集された動画では伝わらない臨場感。

マクロン候補とルペン候補のTV会談は、マクロン候補からの挑戦を余裕をもって退けたルペン候補の圧勝(圧倒)に終始していたようですね。

冷静さ保ったルペン氏、いらだつマクロン氏 仏大統領選TV討論

フランス大統領選の決選投票(24日)に向け、候補者2人のテレビ討論会が20日夜、開かれた。右翼「国民連合」の下院議員マリーヌ・ルペン氏(53)は「生活に苦しむ庶民の代弁者」を演出。冷静さも比較的保ち、5年前の「完敗」からの成長を印象づけた。中道の現職エマニュエル・マクロン氏(44)は論破しようという気合が空回り。相手の発言を遮って司会者にたびたび注意されるなど、攻撃的な印象を残した。

討論のテーマは購買力、対ロシア外交、イスラム過激主義など10ほどに及び、2人は2時間50分、差し向かいで議論した。

ルペン氏は冒頭、「この5年間、人々が不安定な生活に苦しみ、下の階層から抜け出せないという不安におびえるのを見てきた」と指摘。「私は、すべてのフランス人にとっての、日々の暮らしを大切にする大統領になる」と訴えた。(以下略)

朝日新聞digital(2022/4/21配信記事)
悪いネズミ
悪いネズミ

と・こ・ろ・が~~

朝日でさえ事実に近い報道をしているのに、世界中のメディアはどういった訳かマクロン有利を大合唱していますね♥

嫡男:スラ
嫡男:スラ

JIJIはこんな感じで報道してるね!

批判合戦、マクロン氏に軍配 ルペン氏とTV討論―仏大統領選

【パリ時事】24日のフランス大統領選決選投票を前に、再選を狙うマクロン大統領と極右政党「国民連合(RN)」のルペン候補が20日、テレビ討論会に出演し、互いの政策をめぐって批判合戦を繰り広げた。終了後にBFMテレビが報じた世論調査では、「説得力のある候補」としてマクロン氏を選んだのが59%、ルペン氏は39%だった

大統領選では、エネルギー価格などの物価高騰を受けた家計支援や、ウクライナ侵攻を続けるロシアへの対応が主な争点となっている。

JIJI.COM(2022/4/21配信記事)

ちなみに、世論調査を担当したフランス【BFM TV】はニュース専門チャンネルね!

ここって、かの有名な米FOXニュースと提携しています。

嫡男:スラ
嫡男:スラ

あれ?

FOXって確か、米共和党を応援していたよね!

トランプさんの時も最後まで支持していたみたいだし。

タヌキ
タヌキ

いや~、結局アメのTV局なんだよなぁ~。

『9.11』や『イラク攻撃』では愛国心を煽りに煽ってたし、2020年の大統領選でもいち早くバイデン勝利を報道してんだぜ。(接戦だったにもかかわらず)

いずれにせよ、金融と仲良しのマクロン候補の不利益を正直に宣伝するメディアは地球上のどこを探しても存在してはいないので~す。

もちろん、理由は簡単ですね!

世界に独裁的なグローバル社会を展開するためには、何としても各国に台頭する国民主義(国益主義)だけは潰しておかねばなりません。(自分たちの候補は徹底して擁護)

愛国的で国益第一主義であればあるほど、グローバル金融勢力や投資家たちの利益が目減りし、彼らによる世界支配の妨げになってしまうのですから、ルペン氏に限らず(日本を含む)世界各国に沸き立つ対立勢力を、排外主義者・差別主義者などのレッテルを貼り付け攻撃するのは、もはや彼らが好んで用いる常套手段と言っても過言ではありません。(トランプ元大統領バッシング)

怒りは・・すべての言葉と真実をかき消す効果があるようです。真の敵はそれを知っています。

ルペン候補に至っては、さらに今トレンドとなっている悪の権化『ロシア』と関連付ける事で「戦争賛美者・ロシア擁護者」とフランス有権者や、世界の視聴者に印象付けようとしています。

巨大資本と大手メディアがタッグを組めば、1候補者如きはどうとでも印象操作できてしまう事でしょう。

こてこてのプロパガンダ

これら政治プロパガンダは、今や日本でもおなじみとなっています。

拉致実行犯のモンタージュにクリソツ

古いところでは、土井たか子という人物に対する『おたかさんブーム』『マドンナ旋風』なんかは有名でしたし・・

原発を止めると、褒められるし儲かるんだよ!

小泉純一郎という人物については『ワンフレーズ総理』『純ちゃんフィーバー』などがメディアで散々もてはやされていましたね。

小物界の大物!ロープ際の魔術師♥

最近では、いつも『総理にしたい議員』の上位に名を連ねた『石破茂』さんや、相手方を一方的にまくしたて”どや顔”するわりに、自身の言論矛盾を突かれ不利になると、急に涙目で司会者にヘルプを求める事で有名な『橋下なにがし』とかいうチンピラの様な人物も、不自然にTV界隈での露出を高めていますね。

悪いネズミ
悪いネズミ

河野や小泉や吉村や小池も紹介してあげてよ~

タヌキ
タヌキ

もうその辺はみなさんご存知だからいいだろ~。

という事で・・ウクライナ情勢にも直結する『フランス大統領選』

  • ルペン候補が勝利すれば、世界は和平実現に向け一歩前進。
  • マクロン候補が勝利すれば、グローバリズムに変装した共産革命が、日本を含めた世界規模で推進させれていく事でしょう。

日本国民も手をこまねいている訳には行きません。大手メディアのプロパガンダを振り払いつつ、可及的速やかに国益重視の政党や政治家を誕生させていかねばなりませんね。

おしまい。

世界平和に花束を!:(劣勢ですが)ルペン候補の当選を願っています

ルイ王朝を民衆に打倒させ、新しい権力を手にした奴らが犯人です!

「フランス国民さん。米英とともに散々世界に迷惑植民地支配をかけてきたんですから、一度くらい世界平和に貢献しましょうよ!」

当サイトは、金融支配にNOを突き付ける可能性を秘めたルペン候補の当選を願っております

悪いネズミ
悪いネズミ

白けちゃうから・・アメリカみたいな不正選挙だけはやめようね♥

タイトルとURLをコピーしました