スポンサーリンク

2022年を振り返る:7月の記憶「7.8奈良テロ事件」

ブログランキング・にほんブログ村へ

画像説明:【7月の花・向日葵(ヒマワリ)】花言葉・崇拝・私はあなただけを見つめる・愛慕

激動の2022年。

当サイトの住人が個人的に選んだ「月ごとに一つの話題」を、過去記事を交えながら紹介してみます。

一年の振り返りもかねて、各記事に目を通していただけると幸いです。

タヌキ
タヌキ

7月の記憶は、『安倍元首相暗殺・7.8奈良テロ事件』についてだよ。

7月8日:安倍元首相、奈良にて暗殺される

日本の”常識”が崩壊している事を、国民各位に自覚させた事件として長く記憶され続けるはずです。

~日本は、戦後から属国支配を脱却できてはいないのです~

  • 不可解な捜査
  • 証拠品の行方
  • 真犯人の存在
  • 沈黙する政治家
  • ミスリードを誘う言論人
  • にわかに話題となる統一教会
  • 全て横並びの報道メディア

安倍氏暗殺に関しては、不可解な現象が目白押し。

まるで、主犯の逃走をアシストし、事件の風化を促すかのような世論誘導圧力プロパガンダがありとあらゆる角度から仕掛けられていましたね。

さしものお花畑系国民の多くも・・

「今の日本、どことなく変な感じだな~」くらいには感じ始めているのではないでしょうか?(そう願ってやみません)

こっそり・・外部参考資料

推理・考察を巡らせるのなら、資料は多いに越したことはありません。

↓すべての内容に賛同しているわけではありませんが、参考になる可能性が高いと判断しましたので、ご案内しておきます。

ご興味のある方はそちらまで。

文化人放送局:【手がかりの女性?】7.8奈良テ○真相究明で新たな説が浮上【山口インテリジェンスアイ】山口敬之×さかきゆい

注:2022/12/24/20時30分加筆「↑動画、度々削除され、今はBAN状態みたいです。「文化人放送局」様に直接行かれるか、↓動画45分からご視聴してみて下さい

文化人放送局:【手がかりの女性?】7.8奈良テ○真相究明で新展開、重要な動画2本紹介。米国に波紋起こす日本メディア報じないTwitterファイル徹底解説!山口×さかき【山口インテリジェンスアイ】12/21水13時~
悪いネズミ
悪いネズミ

YouTube動画・『文化人放送局』(様)

素晴らしい動画を届けていただいてありがとう。

みなさん、チャンネル登録&高評価よろしくね!

↑は必見動画だよ。

「あんた、何するの?!!」⇇どういった意味なのでしょう・・

国会が『動いていないのが証拠』だと思いませんか?

あえて断言は避けますサイト運営を考慮しが・・様々な状況証拠から「政府中枢は事件を事前に知っていたのでは?」と感じられてならないのです。

議員自身の保護にもかかわる要人警護の諸問題。

なぜ国会内で、事件の真相解明を求める議連プロジェクトチーム立ち上げの話が出てこないのでしょう?

スパイ関連法強化とともに、今後の要人警護のあり方が国会で話題とならない事に「違和感」と「確信」を覚えたものです。(注:テロリストの最終目標は皇室かもしれません。国民はしっかりと問題意識を共有しておきましょう!)

その後の政治潮流は、あからさまな方向犯人を告白する方向へと流れていきましたね。

  • 対米追従加速
  • 統一問題連座の安倍派失脚
  • 米国産武器購入
  • エネルギー高&物価高容認(放置)
  • 円安放置&財政出動拒否(ただし・・円安は悪い面ばかりではない)
  • 増税強硬
  • 日銀は、最悪のタイミングで0.25%程度の長期金利上限を0.5%に引き上げ(注:ただし国民支援策を拡充し、財政出動すればこの程度は問題なし。増税したり財政出動を怠れば景気は確実に落ち込みます)

『国益』という概念はどこへやら・・

数々の状況証拠はまさに”数え役満”。主犯を物語るには十分すぎる内容となっているはずです。

以上、

【7月の話題:安倍元首相暗殺・7.8奈良テロ事件】

  • 武家の弔いは・・首級奪取と敵勢力の殲滅根絶やし
  • 公家の弔いは・・法と権威の回復
  • 商家の弔いは・・富一切と商業圏の奪還

慎み深い我が国の弔いですもの・・控えめに・・・・3方面からの波状攻撃を国内外の”主犯”に浴びせてみるのもいいかもしれませんね♥

悪いネズミ
悪いネズミ

目指そう!

金融支配からの脱却

嫡男:スラ
嫡男:スラ

目指そう!

戦後レジームからの脱却

タヌキ
タヌキ

合戦の法螺貝は鳴り申した。

弔い目標敵陣は、あれに見るシティー・ウォール街・永田町・霞が関界隈。

路傍の石ころ・シナ朝鮮などは後にて屠る算段なれば・・皆々、心して参ろうぞ!!

おしまい。

タイトルとURLをコピーしました