スポンサーリンク

ちょっとどうなの?:ご近所さんの奇妙な事例・・

ブログランキング・にほんブログ村へ

計画は・・いつかバレます

当サイトでは再三再四、

  • 武漢発生ウイルスは・・(GHQとゆかりの深い国)研究所生まれ
  • パンデミックは・・プランデミック
  • ワクチンは・・哀れ指数のリトマス試験紙
  • PCR検査は・・水とポン酢のお友達
  • 陽性者を感染者と煽り・・死亡者は水増しされている

この様にご案内してきました。

利権確保に特化した様な意図的な政治の不手際もさることながら、感染症対策やワクチン接種推奨の根拠について、製薬会社との間に交わされた『秘密保持契約』を言い訳に説明責任すら放棄する自公政権の対応に・・

「公衆衛生を謳った経済抑制・人口抑制プランだな」と、当初から抱いていた懐疑的な”推測の数々”に一層の核心を深めたものです。

製薬会社との秘密保持契約:情報のブラックボックス化
我が国と製薬会社との間で締結された「秘密保持契約」。責任逃れの「代名詞」として有名。『第208回国会・厚生労働委員会・第14号』の質疑内容を見ていくと、ワクチン関連情報のブラックボックス化が深刻になっている事が分かります。

コロナ死の、ちょっぴり不都合な真実

タヌキ
タヌキ

ここからの記述内容は、タヌキの身の回りに起こったミニマムな出来事なので、諸々を一般化して語るには相応しくないかもしれませんので参考程度にご覧ください。(ペコリ)

【死亡後陽性判定】

先日、ご近所さんのおばあちゃんがお亡くなりになりました。

95歳の大往生だったらしく、入所先の老人ホームにてそれはそれは安らかな最期を迎えたそう・・・・・なのです。

なぜ、「迎えたそう」と推量形で語るのかと言えば・・それはお葬式が執り行われなかったからなのです。

何でもこのおばあちゃん、死亡確認後の「PCR検査」で陽性判定が出たらしく、ご遺体すら家族から離され特殊な施設(遺体焼却施設?)へ直行。老人ホーム側も保健所指導の下、てんやわんやの大騒ぎ。(現在も隔離等の対象)

結局、ご近所向けの「お通夜・お葬式」は取りやめる事になり、家族葬、のちご近所報告となったそうなのです。

末期に高熱が続いたわけでも肺炎を拗らせたわけでもない・・この手のありふれた老衰死・・・・・・・・も、新聞紙面や大手報道のトリミングを経てしまえば、見事に『感染拡大プロパガンダ』『クラスター騒動』『ワクチン接種圧力』に変換されてしまうのでしょう。パンデミック騒動がなかなか収束しないのもこのあたりに・・・・・・理由があるのかもしれませんね。

【ワクチン接種と目の病気】

また話はガラッと変わって・・

最近身の回りで『目の病気』を訴える方が増えているらしく(伝聞:網膜中心静脈閉塞症3例、血管系の病気)、一部噂となり始めている『ワクチン接種回数と、失明を含む眼病発生率の因果関係』が・・

「本当なのかな~?」と、危惧しています。

ワクチン接種と血栓の因果関係は、主に『脳・心臓・腎臓』(脳梗塞・心筋梗塞・透析)に警戒されてきましたが、同じく毛細血管がひしめき合う『目』についても、あれやこれやの”負債”が、接種回数に比例する形で顕在化してるのだとしたら・・(超過死亡率上昇の説明責任も含め)早期の注意喚起・原因究明をやっていただきたいものです。

もしかしたら・・大規模な訴訟に発展するのかも・・

又聞きを中心とした伝聞なので「すべて真実である」とは断定できませんが、

  • 異常に警戒されるウイルスも
  • 原因不明の眼病発生頻度も
  • いまだに続けられるワクチン接種推奨も

今後訪れる、とてつもない変化(事実の拡散)の前触れなのかもしれません。(アメリカの下院構成がかわりましたからね~ボソッ)

みなさんの身の回りでも、日々の健康にまつわる不可思議な現象・・

「起きていませんか?」

悪いネズミ
悪いネズミ

現代社会は・・色々調べて知っておかなきゃ簡単に友愛されちゃう世の中になりつつあるんだよ。

嫡男:スラ
嫡男:スラ

金融と敵国と政府と売国奴を相手取ったサバイバル。

日本国民力を合わせて”共闘”していこうね!

最新の情報・真実の情報は、前日まで信じられていた常識信じ込まされていたウソを覆してくれるかもしれません。

どうぞ、日々ご自愛ください。

おしまい。

参考:厚労省・経産省作成PDF(令和2年7月29日(第 1 版))【新型コロナウイルス感染症により亡くなられた方及びその疑いがある方の処置、搬送、葬儀火葬等に関するガイドライン

タイトルとURLをコピーしました