国(社会・自然)

対シナODAの総括3:日本とシナ・「混ぜるな危険」の移民問題

シナからの人口侵略の道具。低賃金労働者受け入れに旨味を覚えた国内産業界からのニーズ。これを抜きにして『移民受け入れ社会』を語ることは出来ません。国際金融や敵国は「どうすれば国家が滅びるのか?」を知っているのです。
国(社会・自然)

対シナODAの総括2:仕組まれた日本経済衰退と企業の海外移転

日本経済の衰退を語る上で『プラザ合意』からのバブル崩壊までの道筋はしっかりと復習しておきたいところです。これさえ分かれば対シナODAの狙いも、シナの経済的台頭も簡単に説明が付くようになるのです。
国(社会・自然)

対シナODAの総括1:国際金融による『日本解体』の悪だくみ

日本が一方的にシナを肥大化させただけに終わった『対シナODA』を独自視点で総括。2019年に中止されたとはいえ、我が国政府はいまだODAの費用対効果や成果について、国民への説明責任を果たしてはいません。
開運

年神様は何の神様?お正月は年神様をお迎えする行事とも言えます

門松・鏡餅・どんと焼き。お正月をまたいで執り行われる行事のほとんどは、実は『年神様(としがみさま)』に関係しているんです。一年の幸福と生命の力「年」を届けてくださる大変ありがたい神様なんですよ!
学び

いい歌紹介5:東の 野にかぎろひの 立つ見えて・・柿本人麻呂

日本の歴史上最も有名な歌人を一人挙げるなら「柿本人麻呂」ではないでしょうか?万葉の宮廷歌人「人麻呂」の歌の世界を「東の 野にかぎろひの 立つ見えて かへり見すれば 月かたぶきぬ」の一首を中心にご紹介。
その他(雑記)

ウイグルツアー大募集:長尾元議員を挑発?在阪シナ領事館の怪

大阪のシナ領事館には、両国の和平にとって害悪を及ぼす可能性のある人物が潜伏しているのかもしれません。せっかく楽しげなツアーを企画しても、日本側の元議員『長尾敬』氏に対する発言のそれは、挑発としか思えぬ高圧的な言動となっています。
その他(雑記)

【国益とは?】:経済界も維新も反対した北京五輪外交ボイコット

結局岸田首相は、東京五輪大会組織委員会橋本聖子会長とJOC山下泰裕会長の2名の北京五輪派遣を決定。明確な「北京五輪外交ボイコット」の名称を避けつつ『事実上の外交ボイコット』なる玉虫色の着地を模索したようです。
タイトルとURLをコピーしました