宮内庁長官が陛下の御心を勝手に「拝察」:破壊工作の可能性も

ブログランキング・にほんブログ村へ

画像説明:【由々しき問題でおじゃる】麿タヌキさん・・ご立腹の図

宮内庁民間人「西村泰彦」長官が6月24日の定例会見で・・

西村泰彦
西村泰彦

(陛下が)「開催が感染拡大につながらないかご懸念されている、ご心配であると『拝察』しています」

などと語ってしまい、各方面に多大な迷惑と混乱とをきたしています。

タヌキ
タヌキ

↑これ不問にしてはならぬでおじゃるよ、国民側もしっかり問題意識を持ってたもれ!

”ア〇”の一言で各方面・・てんやわんやです

「宮内庁長官の気持ち」 陛下「懸念」発言で麻生財務相

 麻生太郎財務相は25日の閣議後記者会見で、宮内庁の西村泰彦長官が東京五輪・パラリンピック開催をめぐり天皇陛下の「懸念」に言及したことについて、「長官の気持ちを言われたのかもしれない」と述べた。「長官は陛下の言葉を代わりに伝えることは普通はない」と指摘した。

JIJI.COM(2021/6/25配信記事)

政治界の重鎮麻生太郎財務相は、「宮内庁長官職は陛下の御心(言葉)を語る資格は無い(普通ならあり得ない事)!」と、長官職の職責の範囲を明確にしていますし・・

宮内庁長官の陛下「拝察」発言 官房長官「憲法上の問題ない」

加藤勝信官房長官は25日の記者会見で、天皇陛下が東京五輪・パラリンピックを開くことで新型コロナウイルスの感染拡大につながらないか懸念されていると「拝察」するとした宮内庁の西村泰彦長官の発言に関し、「憲法との関係で、問題があるとは考えてはいない」と述べた。

加藤氏は「西村氏は会見で宮内庁長官の考えを問われ、あくまでも自身の考えを述べた」と重ねて強調した。(以下略)

産経新聞(2021/6/25配信記事)

加藤勝信官房長官に至っては、占領憲法でがんじがらめにされた陛下のお立場を懸念し「憲法上の問題ない」と、憲法問題に発展しないよう早期の火消しを心掛けています。

そしてどちらにも共通するのは・・

「西村の奴が、勝手に大御心を語りやがった!」

と、結んでいます。

たかが民間人が陛下の御心を代弁するなど・・常識で考えても「政治利用」「乱心」「破壊工作」以外にその動機が思いつきません。

昨今、某内親王殿下の御婚姻にまつわる混乱劇に、皇室全体の威光が作為的に貶められているというのに・・皇室のおそばに控える肝心の「宮内庁職員」・・それも長官職がこの程度なんです。

我々国民は一致団結し、早急に占領憲法の呪縛から天皇皇室を解き放って差し上げなければならないのです。

陛下の御心は何処?

長女:大ねーちゃん
長女:大ねーちゃん

天皇陛下♥

次女:小ねーちゃん
次女:小ねーちゃん

ばんざ~い!

妻

でも~

実際、陛下もオリンピック開催に伴う感染拡大については、案じておられるのではないかしら?

嫡男:スラ
嫡男:スラ

か~ちゃんは、この長官の発言は御心を少しは代弁していると思っているんだね?

悪いネズミ
悪いネズミ

あの~

それ多分ダメな勘違いだと思うよ!!

ね、タヌさん。

タヌキ
タヌキ

ああ!

それを国民がやっちゃならない事なんだよ。

そしてこの長官は国家転覆を語る「逆賊」認定でいいと思うぜ!

長女:大ねーちゃん
長女:大ねーちゃん

宮内庁のおじさん・・何か悪い事をしたの?

タヌキ
タヌキ

権限さえ持たぬ者が、勝手に国の意思を語ったんだよ。

「陛下の御名」を勝手に持ち出してな!

嫡男:スラ
嫡男:スラ

逆賊だ!

悪いネズミ
悪いネズミ

逆賊だね!

妻

え?

どのへんが逆賊なの?

つまり・・こういう事になります

支持率数%の政党が、勝手に「多くの国民」とか語るなよ!

立民・安住氏「宮内庁長官の意見と思う国民いない」

立憲民主党の安住淳国対委員長は25日、天皇陛下が東京五輪・パラリンピック開催が新型コロナウイルスの感染拡大につながらないか懸念されていると「拝察」するとした宮内庁の西村泰彦長官の発言に関し、「西村氏自身の考え」としている政府に苦言を呈した。「西村氏個人の意見だと思っている国民はいないと思う。そう思い込んでるのは菅義偉首相をはじめ閣僚だけだ。恥ずかしい」と述べた。国会内で記者団の質問に答えた。

安住氏は、西村氏の「拝察」について「国民の多くが共有している気持ちだ。それに対する謙虚さがなく、まるで無視するかのような閣僚の態度は大変不愉快」と主張。「言葉の重みをかみしめなければいけない」と述べた。(以下略)

産経新聞(2021/6/25配信記事)

西村長官が会見の席で「直接陛下からそのような(懸念)言葉を聞いたわけではない」(要約)と正直に述べているにもかかわらず、馬鹿な政治政党の重鎮は「西村長官の個人意見だと思っている国民はいないと思う」と、即座に政治利用をかましていますね。

タヌキ
タヌキ

安住さんよう~

少なくとも俺は西村の個人的意見だと思ってるぜ!

嫡男:スラ
嫡男:スラ

俺も陛下の御名を語る便乗商法だと思うな~

悪いネズミ
悪いネズミ

俺もそう思う!

長女:大ねーちゃん
長女:大ねーちゃん

(なんか楽しそう)私も♥

次女:小ねーちゃん
次女:小ねーちゃん

わ~い!

妻

あ~本当だ~。

安住さんの発言を注意深く拾っていくと・・西村長官がなされたことが、やっと異常な事だと分かってくる気がする。

9条からが”憲法”ではないですよね!

憲法というと殊更9条を語る人たちがいますが・・1から8条までは何が謳われているのか?

その中には我々国民が忘れてはならない規定が存在しています・・よね。

それがこちら↓

憲法4条1項

天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない。

日本国憲法

憲法3条

天皇の国事に関するすべての行為には、内閣の助言と承認を必要とし、内閣が、その責任を負ふ。

日本国憲法

この二つの意味を熟知している者であればあるほど、如何に西村長官がしでかしたことが”大問題”なのかを即座に理解するのです。

悪いネズミ
悪いネズミ

あ~

だから加藤官房長官が「憲法上の問題ない」って火消しに走ったんだ~(納得)

つまり、現行憲法では陛下がおやりになれる事(行為)、またその(行為)責任は内閣が負う事が決められているのです。

良し悪しは別にして・・当然内閣の了承を得ない(陛下の)行為は、現行憲法では「認められていない」と、いう事になっています。

みなさんも少しだけ冷静に考えてみてください。

たかが宮内庁職員ごときに”陛下”が国民各位への「御心の代弁」を御依頼なさると思いますか?

すでにして三代・・占領憲法は確実に歴代陛下を縛り、そして我々国民との離間工作が着々と進められているのです。

  • 今上陛下が・・これ(憲法)を全くお知りにならないと思いますか?
  • 今上陛下が・・これ(憲法)を犯してまで長官如きに代弁をご依頼すると思いますか?

”否”、答えは簡単ですよね!

当サイトでは西村長官の当該発言は国家転覆まで見据えた「破壊工作」か「政治利用」か・・邪念無しの「愚鈍」以外、回答が思いつきません。

みなさんの率直な感想はいかがでしょうか?

嫡男:スラ
嫡男:スラ

これほっとくと陛下の憲法違反まで追求されかねないから・・しっかりと反撃し、陛下をお守りしていかないとね!

まとめ

歴史は繰り返されます。

我が国の歴史を俯瞰して覗けば、そこかしこに『錦の御旗』の奪い合いがあり、大御心を勝手に語る”臣下”の暗躍を見つけることが出来ます。

そして例外なく、それらが飛び交う世は『乱世』として名高く、場合によっては皇統とあっても敵対の対象とされ、歴史の深淵に葬られてしまいましたね。

日本の国柄を揺るがした三大出来事①『大化の改新~白村江の敗戦』
日本史上の歴史的断層面を考察。現代日本にも影響を及ぼす歴史の転換期を考えていきます。本項は3つの断層面のその1:『大化の改新』~『白村江の敗戦』を取り上げています。
日本の国柄を揺るがした三大出来事②『南北朝の争乱』
歴史的断層面:日本の国柄を揺るがした三大出来事②「南北朝の争乱(元寇の乱~南北統一)」です。同時代の我が国に「二人の天皇・二つの元号」が存在した南北朝時代を解説。その原因は?その後の影響なども含め簡単にまとめています。
日本を取り戻す3:『皇室典範』を天皇陛下にお返ししよう!
そもそも皇室典範って何のこと?現行の皇室典範に何か問題点でもあるの?戦後GHQが仕掛けた最大の罠が現実に実を結ぼうとしています。主権者(私たち)の力を集め、早めの対処で安定的な皇位の継承を可能にしましょう!

大化の改新・壬申の乱・保元の乱・承久の乱・南北朝の争乱・戦国期・(蛤御門の変)明治維新・二・二六事件・・そして大東亜戦争期から戦後・・

これらに思いを馳せる時、我々国民は、

  • 天皇皇室に生かされ、
  • 天皇皇室を支え、
  • 天皇皇室を利用しながら、

国家を構築した歴史の真実をまざまざと思い知ることになるのです。

日本の歴史は天皇の歴史。

我々国民はGHQの占領政策(占領憲法)の呪縛をもろともせず、天皇皇室に寄り添い2000年を超える歴史を引き継ぎ、そして紡いでいかなければならないのです。

ア〇な長官の戯言に惑わされる事無く・・

しっかりと思い出しましょうね!日本の歴史を。

しっかりと思い出しましょうね!日本の国柄を。

おしまい。

タヌキ
タヌキ

麻生太郎財務相のおっしゃった「普通はない」

みなさんもこの意味をしっかりとかみしめ、忘れないようにしてくださいネ♡

タイトルとURLをコピーしました