【便利な外交カード】:国会議員は靖国バリアを手に入れろ!

ブログランキング・にほんブログ村へ

画像説明:【縁結びより実は縁切りの方が難しい】悪人は遠ざけるに限る!と感じるケモノ衆の図

領土問題を抱える2地域からのご挨拶

我が国の閣僚が先日『靖国神社』にごあいさつに出向いた件に関連し、例によって特亜の連中が言いがかりをつけているようです。

って事で、先ずは事大主義を拗らせたいつもの2地域の反応をご覧ください。

シナ:「侵略の歴史を適切に正視、反省するよう求める」

そもそも日本に来なきゃいい

中国、靖国参拝に「強烈な不満」を表明

【北京=三塚聖平】菅義偉首相が終戦の日の15日に靖国神社に玉串料を奉納し、閣僚の一部や安倍晋三前首相が参拝したことを受け、中国外務省は15日、「日本の侵略の歴史に対する誤った態度を反映している」と反発する報道官談話を発表した。既に外交ルートを通じて日本側に厳正な申し入れを行い、「強烈な不満と断固とした反対」を表明したと明らかにした。

中国外務省は、靖国神社に関する日本側の動きに対し「歴史的な正義への冒涜(ぼうとく)であり、中国を含むアジアの被害国人民の感情を深刻に傷つける」と非難した。

また、在日本中国大使館も15日に発表した報道官談話で、靖国神社について「日本の軍国主義が対外侵略戦争を発動した精神的な道具であり象徴だ」と主張。その上で「日本は歴史の教訓を深く汲み取り、侵略の歴史を適切に正視、反省するよう求める」と強調した。

産経新聞(2021/8/15配信記事)

南朝鮮:「歴史への謙虚な省察と真の反省を」

寄生虫が心配

韓国、日本の閣僚らの靖国参拝に「深い失望」

【ソウル=桜井紀雄】韓国外務省は15日、日本の閣僚らによる靖国神社参拝などを受け、「深い失望と遺憾の意を表する」との報道官論評を出した。

論評は、日本の指導者らに「歴史への謙虚な省察と真の反省を行動で示すよう」求めた。

産経新聞(2021/8/16配信記事)

タヌキ流:2カ国の「雑音(本音)」の直訳

タヌキ
タヌキ

最近空耳が酷くて・・

半島や大陸から押し寄せる雑音がこんな感じに聞こえてくるんです・・シクシク

シナからの雑音

「戦後日本軍が残した兵器を使い、国民党に勝利したおかげで共産党(山賊)が出来上がった(抗日とか嘘っぱち)。それを人民にも外国にも知られたら都合が悪いもんな~」

「せっかく日本の新聞社が1985年に『靖国問題』プレゼントしてくれたんだから、永遠に利用しないとな♥」

「ウイグルもチベットも臓器もバレ始めたからカウンターの外交カードは重宝するぜ!」

「せめて北京冬季五輪まではウイルス問題も封印しといてもらいたいしな~」

「RCEPももうすぐ始動♥グフグフ」

南朝鮮からの雑音

「慰安婦・徴用工・キムチキムチキムチ」

「謝罪・賠償・キムチキムチキムチ」

「イルボン・チョッパリ・キムチキムチキムチ」

「でも・・実際は背後に北とシナが控えていて「過激に反応しろ」って命令されているんだよね~」

「国民には長年の反日教育の毒素が回っていて、今更いろいろ”ウソぴょ~ん”なんて言えないしな~」

「外資は売り浴びせるし、株価は暴落するし、スワップ結んでほしい。てか、正直国が持ちまへ~ん!助けてくれ~」

靖国バリアは日本の外交カードに

騒ぐ・忘れる・三歩歩く・騒ぐ・忘れる
タヌキ
タヌキ

いや~、英霊への感謝の表明程度で「ここまで騒ぎ立ててくれる」って・・日本としては逆に笑いが止まりませんよね!

通常の国家の場合は、相手国を挑発するのに国境周辺での軍事演習や、経済制裁などが常套手段のはずなんですが・・日本が”2国”を刺激するのに『ご先祖様へのご挨拶』程度で事足りちゃうんですから、手間も経費も掛からない。

そんでもって、世界各国の反応ときたら・・

「え、日本を支えた軍人の魂を日本人が敬って何が悪いんだ?・・あいつら馬鹿じゃね?」

・・これが東亜3国と呼ばれる特殊地域以外の反応なんですけどね~

だって、日本と直接交戦した米英等が問題視していないのに、日本と交戦した事さえ無い、おまけに戦後出来上がった国家が日本にイチャモン付けるとか、変な漬物の食べ過ぎで頭に虫が湧いているのかと、こちらが心配してしまうレベルで滑稽に感じますよ。

まったく、”寝言は寝て言え”・・って感じですかね。

ですから、日本は今後、特亜から外交上の難癖をつけられるたびに靖国バリア(閣僚や総理が率先して靖国参拝する)を発動すればいいのです。

事大主義でしか動くことが出来ない彼らは、日本が強ければ引き下がり、譲歩すればその歩幅だけ日本を攻め立ててきます。

事大主義調伏への唯一の対処法は・・

『力を見せつける』

・・これ以外にないのですから。

事大主義=中華思想のおさらい:2つの地域の奇妙な共通点
本当に懲りない隣国の方々・・その精神性の根底には「事大主義=中華思想」と呼ばれるへんてこな思想があるのはご存知でしょうか?今回は「事大主義=中華思想」について実例をあげながらザックリと解説していきます。
必見!日本人が中華人民共和国について誤解する歴史認識と4つの事
みなさんは「中華人民共和国」の事ご存知ですか?まさか大切な隣国を”ちゅうごく”などとヘンテコな名称で呼んでいませんよね?知っているようで知らなかった本当の隣国の姿。日本人が抱きやすい4つの誤解を中心にまとめています。目指せ「日支友好!」

日本の国会議員は年に最低1度は『靖国参拝』すべき!

特亜に対しては明確なバリア。

国民に対しては国家への忠誠心の証として。

=是非、国会議員は靖国神社へ参拝を!=

オールドメディアの攻撃から愛国議員を守ろう!

答えあわせ「外資規制違反」

南京も慰安婦も靖国も・・

元はと言えば(ほぼ)すべては日本の新聞社が火種となって国家間問題へと発展しています。

ですから彼らの側(新聞を主体としたオールドメディア )こそ日本の安全保障を脅かす存在にして、周辺諸国との和平実現を妨害する『元凶』と名指ししても差し支えないかもしれません。

しかし、残念ながら民主主義国家の”議員”という存在は、良くも悪くも世論・ポピュリズムに属す生き物なのです。

そんな彼らからすると世論(票)と自身を繋ぐ役割を担うメディアは絶大なる力を有しているように見受けられてしまうのです。(徐々に弱まっていますが、高齢者を中心に未だ絶大な影響力を有す)

実際問題、仮に何かをきっかけにオールドメディアに睨まれてしまうと、(議員が語った)数ある発言の一部を抜き取られ正反対の主張として拡散されてしまったり、必要以上に責任問題化されたりすればもう大変、議員生命自体が一気に危機にさらされてしまうのです。(支持率を失うのが議員にとっては大ダメージ)

さらに、国民理解が十分に行き届いていない些細でデリケートな問題(今回の靖国参拝など)を含んだ主義主張などへ、ついうっかり賛同を寄せてしまうと・・

  • 「あいつは戦争を美化した!」
  • 「○○を軽視するのか!」
  • 「時代錯誤の歴史修正主義者!」
  • 「人権を疎かにする差別主義者!」

・・と、めちゃくちゃな攻撃に晒されてしまう可能性もあるのです。

ですから、各議員が何かの意見に明確な賛同を示す事は、実は各議員にとって大変な勇気(リスク)を伴うという事についても、(国民側から)一定の理解を示してあげなければならないのです。

ここで国民側が無責任にも、誇張や捏造をもとにしたオールドメディアの論調に加担し、折角の議員先生の示した勇気の姿勢を応援しなかったとしたらどうなるでしょう?(実際には支持率低迷)

ある議員の本音
ある議員の本音

武装強化を語ったら支持率が下がり、靖国に参拝したら支持率が下がる・・

ムムム・・保守派から何と言われようと、俺は靖国には行けん!(行けば落選してしまう)

ある議員の本音
ある議員の本音

消費税0%を言えば「無責任」と罵られ、外国人入国規制を語れば「差別主義者」だと言って事務所に苦情の電話が殺到・・

反対に応援メッセージは微々たるもの・・これじゃ財務省と戦えるわけがない! (落選してしまう)

悪いネズミ
悪いネズミ

あ~・・

そりゃ~可哀そうだよね、せめて議員先生に”そう思わせない民意の後押し”が必要だよね~

タヌキ
タヌキ

だな!

という事で、経済・国防・外交、どの分野においても勇気ある議員の身分を守り、背中を押し、賛同者を増やしていくのは私たち有権者の仕事なのです。

特に毎日のように上げ足取りに終始するメディア界隈からの愛国議員に対する攻撃・嫌がらせについては、私たちの『世論』の力で押し返してあげなければならないのです。(実際それくらい強力な世論でないと日和見の議員先生に”安堵”は届きません)

民主主義の宿命。何事も他人任せでは成り立ちません・・よね。

オールドメディアさん:実際問題、和平を脅かしているのはどっち?

結局下の記事にある様に、実際には”どちらが挑発的で和平を乱しているのか”って事に尽きるんですけどね。(怒)

出典「外務省」:竹島・詳細地図(出所「国土地理院」)

韓国野党議員が竹島上陸 日本は抗議

韓国の保守系最大野党「国民の力」の国会議員、洪碩晙氏が日本の植民地支配からの解放を記念する「光復節」の15日に島根県・竹島(韓国名・独島)に上陸していたことが17日分かった。

日本外務省は17日、事前に中止を申し入れていたのに洪氏が上陸したとし、韓国外務省に「日本固有の領土であり到底受け入れられず、極めて遺憾で再発防止を強く求める」と抗議した。

洪氏は支援者らと上陸する様子をインターネットで中継していた。(共同)

産経新聞(2021/8/17配信記事)

日本のとある新聞社(慰安婦捏造記事の前科あり)の社説では、我が国の閣僚が靖国を参拝しただけで、

  • 歴史認識が~
  • 加害責任が~
  • 政教分離が~
  • 軍国主義を賛美する~
  • 被害者の痛みに向き合え~
  • 反省が足りない~
  • 波紋を呼びそうだ~

な~んて長ったらしい”日本disり”をかましているのですから、当然、我が国固有の領土に不法上陸した南朝鮮側の暴挙に対して、メディア界隈はそれ相応の非難姿勢を明確にしなければなりません・・よね。

悪いネズミ
悪いネズミ

もしも何の反撃もしなかったら・・グル・・って事でいいよね?

みんなもそう思わない?

まとめ

自分で作り・自分で押して・他国を巻き込む

我が国の手足を縛るためには尋常ならざる力を発揮し、特定国家の論調にはやけに同情的で寛容な理解力を示すオールドメディア

戦後何一つ文句を言わなかった『靖国参拝』をはじめとした戦争にまつわる諸問題を、なぜか日本の新聞社の論調に合わせるように問題視するようになった特亜3国

  • オールドメディア⇒ボヤを焚きつけ
  • 特亜3国⇒騒ぎ立て
  • 日本⇒譲歩する

まるで二人三脚の様に歩調を合わせるオールドメディアと特亜3国。

彼らが実は「裏で結託しているのではないか?」との疑念を向けられたとしても無理からぬことでしょう。

万が一で恐縮ですが・・仮に上記の邪推が正鵠を射ていたとしたら・・

私たち日本国民は奴らの狙いを正確に見抜き、逆に敵の力を再利用しながら護国を逞しくしていきたいですよね!

  • 靖国参拝する議員を積極的に応援する
  • 靖国参拝しない議員を積極的に非難する
  • 靖国参拝しない政党(社民・共産・公明)を支持しない
  • 靖国参拝を問題視するオールドメディアを外患罪の対象として監視する
  • 靖国参拝を問題視する言論を注視する
  • 靖国参拝を問題視する外国を友好国・優遇対象国から除外する

たったこれだけの事に取り組んでいけばいいのではないでしょうか?

『靖国問題』

外交カードとして効果無しと分かれば、事大主義(特亜3国)は手のひらを返します。

事の本質は、『力を見せつける』=『靖国に参拝し続ける』

それだけの事なのです。

おしまい。

タイトルとURLをコピーしました