【総裁選4候補】:西田議員の視点を借りて候補者を見極めよう!

ブログランキング・にほんブログ村へ

画像説明:【皇室理解度は高市氏が満点】西田氏のご指摘に賛同を寄せるケモノ衆の図

西田氏:麻生氏の「日本を放漫財政の実験場にするつもりはない」へ反論

西田昌司チャンネル:麻生vs高市の財政論争勃発!総裁選挙は積極財政に転換する最大のチャンスだ!【西田昌司ビデオレター令和3年9月13日】

動画は約14分。

お忙しい方の為に要点だけを文字起こししておきます。是非ご覧になってみてください。

↑動画【西田氏の発言重要部分を”要約”文字起こし】

  • 「国債をいくら刷っても自国通貨建て国家の財政破綻はありえない、財務大臣麻生氏だってそう言っている」
  • 「日銀がどれだけ国債を買い入れて銀行が市場にお金を出しやすい環境を整えても、財政出動なくばお金は市場に回っていかない」
  • 「我々はデフレを止めるために年2~5%のインフレ目標を設定し、財政出動をもって景気回復を目指すべきだと訴えているに過ぎない(放漫財政などではない!)」
  • 「今の緊縮財政の方が2025年までのPB目標達成など絶対にできるわけがない(やる必要もない)」
  • 「岸田氏と高市氏は総裁選の中で当面のPB目標達成は凍結すべきだと訴えている」
  • 「麻生さん!現実を見てくれよ。もうすでにPB目標とか関係ないくらいコロナ禍での予算は例年の2倍規模で編成されている」
  • 「トリクルダウン方式を是とした結果、格差を助長する税制(高額所得税減税・法人税減税)になってしまった」
  • 「↑を是正しようと税制調査会で訴えても、全体税(消費税)などが採用されてしまう」
  • 「そもそも国家の財政を税に頼り切る事も不正解、格差是正を怠るのも不正解」
  • 「インフレ目標を達成した後でブレーキは十分間に合う!経済が加速しないのにスピードオーバーを気にしているのが財務省のやり方」
  • 「税は国家のあるべき姿(格差)を是正する役割が大きい!今こそ税のレジームチェンジを!(総裁選を財政拡大の転換点に)」
  • 「視聴者の皆さん、総裁選では是非この視点に注目し候補者選びに役立ててください」

麻生氏も大変です。子分?の財務官僚の仕事確保を代弁してあげなきゃいけない立場で、まさに晩節を汚す損な仕事を引き受けて下さっていますが・・我々国民側はそんな雲の上の握り合いを忖度する必要はありません。

西田氏などの”分かっている議員”と、次期総裁候補と二人三脚で・・

  • 「国家が金を渋って国民を見殺しにしてどうする!」
  • 「財政出動しろ!」
  • 「減税しろ!」

と、猛烈に訴えてまいりましょう。

西田氏については↓過去動画で財務省相手の奮闘を紹介しておりますれば、引き続き氏の益々のご活躍を応援しております。

財政拡大を訴える西田昌司議員と防戦一方の麻生財務相の動画
世界一金持ち国家が、将来の借金返済を心配し過ぎて数字とにらめっこらしいです。増税で景気が後退しようとも・・ウイルス蔓延で国民が疲弊しきっても・・数字さえ合えばそれでいい?政府の仕事って・・なんでしたっけ??
タヌキ
タヌキ

みなさん、麻生さんをあまり責めないであげてくださいネ。

彼はわかっているのです。わかっていてあのような言説を口にしているのです。

それほど財務省は強大で、麻生氏だからこそ”この程度”で抑えられているのですから・・

緊縮やPB目標には声を大きく反撃するべきですが、麻生氏個人については「国会議員の仕事には損な立ち回りもある」・・どうぞご理解の程を・・

高市氏も格差の是正を「税制」に意図していましたね

高市氏の税への言及も↓過去記事ですでに紹介しています。

【高市氏「50万円を超える金融所得への課税(30%)」】

【自民党総裁選】:高市氏、金融所得への課税について言及
総裁選が本格化すれば、候補者の”発言一部抜き取り”は多発する事でしょう。高市氏はインフレ2%目標達成までは「全力で経済政策を前に進める(財政拡大する)」とおっしゃっているのですから、今後は不用意な増税の話などは封印しておきましょうね!

へんてこな外野のチャチャは入っていますが、こちらも概ね西田氏の訴える「格差是正の国家観」を念頭に不労所得への課税強化を訴えていますね。

嫡男:スラ
嫡男:スラ

西田氏も動画内で景気回復後の「高所得層への課税」を訴え、高市氏も同様の趣旨で発言しているってことは・・やっぱり財政は「国家観」に裏付けされた方向(格差是正)にかじ取りできる方でないと任せられないよな~

悪いネズミ
悪いネズミ

これぶっちゃけ西田さんは、「総裁は高市候補以外適任者はいない」って宣言しているんじゃないの?ニヤニヤ

タヌキ
タヌキ

いやいや、岸田さんだって及第点だぜ!

派閥の理論で言えば党の大本命から「反緊縮」が叫ばれている時点で自民党全体がかわりはじめている事が伝わってくるだろ?(ま、選挙前でおケツに火がついた連中が慌てて掛け声を連呼しているだけとも言えるがな・・)

高市氏と、少なくとも岸田氏についても・・プライマリーバランス目標の凍結及び財政拡大の必要性には明確に理解を示しています。

さらに格差是正の方向性までもを加味すれば、次期リーダーを見極める上での最良の指標が手に入れられるのではないでしょうか。

是非みなさんも、 西田氏が訴える”税への理解度・姿勢”を理解しておいてください。

総裁選、候補者が出そろいました

西田昌司チャンネル:総裁選挙始まる!各候補の共通点と問題点!【西田昌司ビデオレター令和3年9月17日】

こちらの動画については箇条書き程度で。

【4候補共通点】

  • 首班指名・所信表明演説まで(国会運営)は全力で乗り切る
  • ゼロコロナは不可能・ウィズコロナを目指す

【それぞれの政策の違いについては】

  • 西田氏「とにかく男系皇統の維持!これこそ日本(人)の歴史であり、精神。ここを4候補にはもっともっと訴えてほしかったし、ここが揺らぐような候補者は・・選ぶべきでない」(要約)

同じ党の、それも総裁に立候補している4名に対する西田氏の言葉です。

時折歯切れの悪そうな表現を用いて語られていますが、次期総裁候補に対する率直な思いは十分伝わってくるのではないでしょうか。

妻

西田氏が真っ先に「皇室(皇統)」の重要性を訴えているのだから・・『河野』『岸田』『高市』『野田』の4氏の中で、『河野』さん『野田』さんは自動的に消えちゃうんじゃない?(汗)

嫡男:スラ
嫡男:スラ

動画を見る限り西田さんは”そう言ってる”んだと思うよ。

女系とか言ってる奴は国民の民意の力によって「思い知らせてくれ」って・・そう聞こえるけどな~

悪いネズミ
悪いネズミ

河野さんなんて女系論を高らかに訴えておきながら、総裁選を前にして日和ったんだから、めちゃくちゃ怪しい候補だよね~

竹田恒泰氏も警戒【女系天皇論者:河野太郎】

【女系天皇論を封印?】:河野氏・自民党総裁選へ立候補表明
証拠があるっていい事ですね!悪は悪として・善は善として裁いたり評価できるのですから、この面に関しては「便利な世の中になったものだ」と感心しています♥河野氏が過去に語った女系を容認する発言について、証拠の動画を是非ご覧になってみてください。
タヌキ
タヌキ

すげ~世の中だよな~

2000年以上の歴史(皇統)に対し・・

「(旧宮家を)600年前の分家、男系か本当かどうかも怪しい」

「(男系を)たかがDNA(タンパク質)の問題」(要約)

・・とか自分の動画でほざいてんだから、後戻りできないよな~

(興味のある方は↑の過去記事内の動画を覗いて見てください)

妻

あれ、岸田さんと高市さんはいいとして・・あと一人の野田さんについて紹介はしないの?

タヌキ
タヌキ

あ、あそこは反社に属していた身内に問題があるし、そもそも女系とか通り越して○○が〇●×して、●▲が・・(以下自粛)

コホン、ま、気が向いたら別途紹介するよ。

選挙は総裁選結果への信任手続き:民意は”今”こそ届けましょう!

自民党総裁選。いよいよ4候補者が出そろいました。

「struck out!!」:刑務所へ護送しろ!!

しかし、皇統に反旗を翻す朝敵2候補は自動アウトなので、この際考慮に入れなくもいいでしょう。

ただそればかりだと片手落ちですので、みなさんそれぞれ意中の候補者を応援する意味においても、国民側は西田議員にアドバイスをいただいたように、「プライマリーバランス(PB)黒字化堅持」や「消費税増税」、そして「女系」を口にする候補者には容赦ない反論・ツッコミを尽くしていくべきだと思われます。

  • 「PB語ると嘘つき呼ばわりされる~汗」
  • 「消費税増税語ると反論が半端ね~汗汗」
  • 「女系語ると国賊・朝敵扱いだ~汗汗汗」

国民そっちのけで利己益に邁進するお馬鹿な議員にそう思わせる・・・・・・だけで日本は変わっていきます。

理由は簡単にわかりますよね!

4名の総裁候補者にはそれぞれ最低20名の推薦議員が居るのですから、それぞれの候補者から語られる政策は推薦人の『思想信条と同義』と捉えればよいのです。

ですから国民側からのこういった声・・・・・が大きくなればなる程、そんな候補者・・・・・・が今後の自民党総裁候補に担ぎ上げられる可能性自体が低くなっていくはずですし、仮に、めったな候補者を推薦しようものなら、その候補者ととも国民から拒絶されてしまうと各議員(推薦人)に恐怖感を植え付けていければしめたもの・・こちらの”民意”は確実に戦後レジームの権化”自民党”中枢部に届けられていく事でしょう(議員は自分の選挙結果が何よりも怖いですからね~)

日本人A
日本人A

これ以上国の借金とか、消費税増税とか言ってみろ・・

次の選挙、絶対にあんたには票を入れないからな!

日本人B
日本人B

PB目標って日本が貧困化した根拠でもあったのね・・

よ~く覚えておきますからね。

日本人C
日本人C

女系論を語るって事は日本を否定するって事だぜ!

そんな候補者を推薦した議員連中もまとめて「朝敵」扱いだからな、覚悟しておけよ!!

こんな感じで世論を盛り上げていければ上出来です。

このように、私たちがしっかりと自覚しておかねばならない点は、民意を訴えるべき時は・・

今(総裁選)が本番”だという点で、

国政選挙自体は新しく選ばれる自民党総裁を中心とした新内閣への信任・不信任投票にしかならないという点なのです。

みなさんの多くが期待を寄せる自民党新総裁が誕生すれば、自民党自体が国政選挙で得票を伸ばしていくでしょうし・・逆に、受け入れがたい総裁が誕生すれば(確率は低いですが)自民党が下野する事さえ無きにしも非ず。

本番の選挙が始まってしまってはもはや民意を国会議員に届ける事なんて出来っこありません。

だって・・一旦選挙が始まってしまったら、各議員は血眼になって選挙戦を戦い抜こうとするのですよ。人の話なんて聞いていると思います?

自己の保身・身分の確保のみに全力投球しているのですから・・残念ながら各候補とも選挙本番なんて声を嗄らしつつ「名前の連呼」に勤しむだけなのです。

まとめ

今回は『西田昌司』氏の鋭い視点に学びながら、経済・税制問題から国柄(特に皇統)をどのように捉えるべきかを振り返り、総裁選4候補を見極める上での『物差し』を得る事に特化して記事化してみました。

勝者はただ一人!近未来の日本の選択

民意は今こそ!

この総裁選にこそぶつけるのです。

自民党の国会議員一同に・・「どの候補者を立てれば当選に一番有利となるか?」

・・そう思わせる事こそが民意を届ける事と同じ意味となるのです。

日常の何気ない会話の合間に、SNS上のつぶやき一つでも構いません。

また、ちょっと勇気を出して地元選挙区の候補者事務所にご意見を届けてみるのもいいかもしれません。

西田議員から頂いた視点(物差し)を思い出し、みなさんの思想信条に最も近いと思われる候補を応援し、もっとも乖離した候補を遠慮なく・大声で・何度でも・罵ってあげるのです。

それこそが民主主義、それこそが政治参加。

私たちの民意は、私たちの少しの勇気と行動の積み重ねの結果の事なのですから・・

今の政治に絶望することなく政治に積極参加しながら、明日の良き日本を手繰り寄せていきましょうね!

新しく選ばれるリーダーとともに・・

おしまい。

タイトルとURLをコピーしました