対金融関連

対金融関連

失われた国粋主義:消去法でも現代の民主体制は超危険

『自由・民主主義体制』も『共産・社会主義体制』も、実は生みの親は同じの危険思想なんですよね~。日本はそんないかがわしシステムに傾倒することなく『国粋主義』(国民・国益第一主義)こそを自信をもって採用すべきです!国際協調などは幻想幻想。
対金融関連

刮目!アメリカ:日本はバイデン民主党の「次」を見据えろ

ウクライナ戦争も、安倍氏暗殺事件も、米大統領がトランプ氏のままなら起こらなかったはず。それほどバイデン米民主党を影から操る勢力が、今、世界中のありとあらゆる混乱の首謀者として暗躍しています。彼らは俗に「金融寡頭勢力」と呼ばれています。
対金融関連

量産!陰謀論認定:一方意見だけが取り上げられる世界線

戦時は往々にして言論が封殺されます。それは一方が得をする論調のみを取り上げ続ける事でも起こりえます。安倍氏暗殺については多角的な視点を向け真相究明をやってもらいたいものです。だって、弾は無し・入射角度の無理筋・捜査初動の遅れ・稚拙な凶器・
対金融関連

働いたら負け?:国民間に断層面を設定する植民地政策

分割統治・国民分断・異民族流入・格差助長・不公平裁判・・すべて古典的な植民地支配の手続き。あれ?自公政権のやる事なす事ここに当てはまっていませんか?新たな策謀は「住民税非課税世帯への5万円支給策」ですって!国籍は?国籍縛りは??
対金融関連

NWO・新世界秩序:時系列・シナリオのおさらい

戦争がビジネスにならなければ起こりません。ウイルスもビジネスにならなければ蔓延しません。国家がゼニを使えば国民は豊かになり、地方も活性化していきます。NWO・新世界秩序を明確に否定した政治家はロシアのプーチン大統領ただ一人です!
対金融関連

時代はすでに反グローバル:アメリカのレージムチェンジ

アメリカ国民は金融&ネオコン勢力との戦いを選択しました。日本は戦わなければ国家が消滅してしまいます。自民党を保守政党に導くためには、党内敵勢力を駆逐し愛国議員をネガティブキャンペーンや暗殺などから守っていかねばなりません。
対金融関連

米中間選挙予備選:ネオコンにNO・グローバリズムにNO

「ネオコン」はNWO・新世界秩序勢力。要するにマネーの力で世界のすべてを支配しようと企む共産主義勢力が、今のアメリカを牛耳っているのです。その暴力装置が「米軍」。アメリカ国民は自国の恥部を排除しようと立ち上がっています。
対金融関連

30万人は移民:外国(人)政策が打ち出される「理由」

「国民は後回し」。ひたすら外国(人)ばかりを優遇する日本政府の方針に疑問を持ったことはありませんか?すべての政策は、金融勢力(ジャパンハンドラー)が描いたシナリオ通りに推進されています。そのシナリオとは・・即ち「日本国の破壊」です。
対金融関連

ロ・ウ紛争の真相:伊藤貫氏・西田議員に学ぶ金融支配

国際政治アナリスト・伊藤貫氏紹介第1弾。「西田昌司チャンネル」で紹介された内容を基に「今、世界はどうなっているのか?」を探りつつ、国益に沿った対米外交・対金融戦略を考えてまいりましょう!
対金融関連

暴露の秋:米中間選挙が真実拡散の分水嶺

アメリカの大統領選挙についてご存知でしょうか?実は民主的な2大政党制の人気投票ではなく、アメリカ国民は金融勢力と戦っていたのです。これが理解できるとウイルス蔓延やワクチンにまつわる「コロナ禍の真相」が理解できるようになるのです。
タイトルとURLをコピーしました