【ウイルスより深刻】:次世代に希望を託せない国家・・日本

ブログランキング・にほんブログ村へ

画像説明:【子が人を親にする・可能なうちにネ】生命の歴史をただ振り返るタヌキ一家の図

宝を無くした国

昨年出生率1・34 5年連続低下 2年生まれ最少84万人

令和2年の女性1人が生涯に産む子供の推定人数「合計特殊出生率」は1・34で、前年より0・02ポイント下回り、5年連続で低下したことが4日、厚生労働省の人口動態統計(概数)で分かった。2年に生まれた子供の数(出生数)は前年より2万4407人減少し、明治32年の統計開始以来最少の84万832人。2年連続で90万人を下回り、少子化に歯止めがかからない実態が改めて浮き彫りとなった。

死亡数は137万2648人と11年ぶりに減少した。ただ、出生数から死亡数を引いた人口の自然減は53万1816人と過去最大の減少幅を記録し、人口減少が加速していることをうかがわせた。出生数が死亡数を上回ったのは沖縄だけだった。(~中略~)

出生数は第1次ベビーブームの昭和24年の269万6638人をピークに減少傾向が続いている。平成27年は5年ぶりに増加したが、28年には100万人を初めて割り、再び減少。令和元年は初めて90万人を割って86万5239人となり、「86万ショック」と呼ばれた。

産経新聞(2021/6/4配信記事)
十分な所得と出会いの場♥社会に出ると両立はままなりませんよね・・

子は宝

我が国の去年(2020年)の「合計特殊出生率」(女性1人が生涯に産む子供の推定人数)が驚愕の1・34と相成りました。

人口が増加もせず減少もしない、いわゆる静止人口を保つ目安を『人口置換水準』と呼ぶのだそうですが・・その数値が2.07と言われています。

つまり合計特殊出生率が2.07を下回れば下回るほど人口減少社会になっている事を意味しており、令和2年度の我が国の合計特殊出生率1・34という数字は、とてつもなく”低い水準”・・という事なのです。

人口減が叫ばれて久しい中、単純に前年比においても新生児が2万4407人も減少したのですから、今流行りの『コロナ禍』とか、そんな見せかけだけの原因・・・・・・・・・でここまで悲惨な数値が出てくるはずはないのです!

ご先祖様方に顔向けできないほどの現実なる”数値”を突き付けられた我々日本国民は、先ずは冷静に『政治の不作為』を疑ってみるべきで・・さらにそこから一歩も二歩も飛躍し、考えたくもありませんが私たちが民主的に選択した国会議員諸君が、我ら日本人を抹殺しようと企てている可能性にまで警戒の視線を向けるべき時期に差し掛かっているのではないでしょうか。

それほど不自然なのですよ!『合計特殊出生率1・34』って数値はね(怒)

かたや「シナ」はこんな方向に舵を切りました

一昔前のシナ版人口抑制政策・・いわゆる『一人っ子政策』は何処へやら。

シナは有り余る人口を抑制するどころか、歪な人口分布解消・将来の侵略(人間)手段を確保しようと「多産推奨」へと政策転換を打ち出してきました。

「一人っ子政策」撤廃の中国、第3子出産の罰金も廃止…少子高齢化の歯止め狙い

【北京=田川理恵】中国政府は、人口抑制のために行っていた第3子出産の禁止を廃止すると発表した。急速に進む少子高齢化に歯止めをかける狙いがある。ただ、政府は産児制限の全面的な撤廃は否定しており、実効性は見通せない。

第3子解禁は、政府が20日に発表した人口バランス是正のための総合政策の中で明らかにした。関連法の改正が今後行われ、罰金も廃止される。第3子解禁の方針は5月31日、中国共産党の政治局会議で打ち出されていた。

今回発表された総合政策では、2035年までに年齢や性別の人口構成の改善を進め、「出産と子育てに関わるサービスを国民の求めるレベルにまで高める」としている。

中国政府は1979年に始まった人口抑制策「一人っ子政策」を2015年末に廃止し、全ての夫婦に2人まで子どもを持つことを認めた。それでも出生数は減少傾向が続き、女性1人が生涯に産む子どもの推計数を示す合計特殊出生率も15年の1・6から1・3まで落ち込んだ。(以下略)

読売新聞オンライン(2021/7/21配信記事)

新聞記事にもある様に、シナでは近年合計特殊出生率が1・3と、我が国と同水準にまで下落していました。

もちろんシナと日本を同一視することは出来ません。

シナは1979年以来の国家の政策によって強制的に人口抑制が進められたわけで、我が国の場合は何の足カセも無いままに出生率が低下していったのです。

シナは政策による強制・日本は自由な選択の結果・・

だからこそシナは記事内容の様に政策を見直しさえすれば出生率はおおよそ回復に向かう可能性を秘めていますが、我が国の場合は長年蓄積した国家全体の”病理”の総合結果が合計特殊出生率として表れているのですから・・言ってみれば深刻な病に侵された”国家の病状”を出生率にさらけ出しているのです。

嫡男:スラ
嫡男:スラ

敵は人口増に舵を切り、日本は人口減を素直に受け入れるってか?

ばっかじゃね~の、日本の政治家たちって(怒怒怒怒)

悪いネズミ
悪いネズミ

移民、帰化系、偽装難民、失踪技能実習生、帰らない留学生・・そして人民解放軍。

今すぐにでも国全体が乗っ取られてしまいそうだよ・・

国民殺しの政府

現代日本の最大病理・・

誰もが気付き、誰もが反論し得ない現実、それこそが人口減、それこそが合計特殊出生率低下なのです。

  • 慈悲深い財務官僚や、それらにネジを巻かれた議員連中が「みなさんの福祉の為に消費税増税ご理解ください」と、どれだけうそぶいたところで・・
  • 慈悲深い財務官僚や、それらにネジを巻かれた議員連中が「将来世代に負担を残さない為の消費税増税ご理解ください」と、どれだけ嘯いたところで・・
  • 環境保護の為に大負担に耐えろと笛を吹く環境大臣が「炭素税・カーボンニュートラル・脱原発・太陽光パネル設置義務化・レジ袋有料・プラスチック製品有料」と、どれだけ嘯いたところで・・

”子供が生まれない現状こそがすべての政策への回答”なのですよ!

テクノシステム・太陽光利権・環境利権

小難しい解釈は必要ありません。

世の政治なんてたったの3点以外考慮に入れてはダメなのです。

それこそが

  • 人口増=(緩やかな人口増・静止人口)
  • 所得増=(勤労に励めば生活が維持でき家庭が持てる)
  • 治安維持=(国防と国内の治安安定)

戦国を終わらせた太閤秀吉公も以下の様に指摘しております♥

タヌキ
タヌキ

って事で、現在の日本。

人口は減り続け、所得も減り続け、国境周辺の諸問題や国内治安環境が悪化の一途をたどっているのですから・・今の政治(特に自公政権)を、『国民殺しの政府』と表現しても間違いではないですよね!

戦後日本、裏切者は政治の世界にこそ多いのです。(是真理なり

まとめ

子供は国家の宝です。

どれだけお馬鹿な議員連中が人口減を”国是”のように語ろうとも、我々国民側が彼らが囃し立てるリズムに合わせて踊る必要はありません。

生まれ来る生命の可能性が、偽りの借金・偽りの社会不安・偽りの病原体騒動などにかこつけて奪われてはならないのです。

我が国の「合計特殊出生率1・34」は、決してコロナ禍のせいだけではありません。

バブル崩壊後に顕著となった様々な『政治の不作為』・『国民見殺しの国家政策』によって引き起こされているという事実に・・私たちはもう少しだけ冷静に、そして謙虚に、向き合っていかねばならないはずです。

  • 生まれるはずだった命
  • 出会えるはずだった男女
  • 母になるはずだった女性
  • 父になるはずだった男性
  • 迎えるはずだった新しき日本人

取り戻しましょう・・現実を直視できない者達から

取り戻しましょう・・嘘を根拠に日本人を抹殺しようと企てる悪魔との契約者から

取り戻しましょう・・日本の未来を紡ぐ我らの希望の光

おしまい。

悪いネズミ
悪いネズミ

『者達』『悪魔との契約者』『希望の光』には以下の代名詞を適所に当てはめてみてね!

  • せいじか
  • きんゆう・せんごきとくけんしゃ
  • こども

ちょっと難しいかな~♥

タイトルとURLをコピーしました