2021-03

開運

3月といえばで思いつく:異名・行事・花・食・を集めてみました

「3月といえば」で思いつくいろいろな事を集めてみました。ひな祭りに、春分の日。目に見えて暖かくなってくる季節です。下旬には待望の桜も開花し始めますね。知っているようで知らなかったいろんな3月を解説しています。
国(社会・自然)

玉木雄一郎氏・政府給付金案に進言:一律給付を!上乗せ給付を!

「国民民主党」玉木雄一郎氏が低所得者向け政府給付金案に対し「まだまだ不十分」とした、素晴らしい代案を提示した事は御存知でしょうか?氏の発言から政府の唱える「条件付き給付政策」がいかに愚かしい試みか解説してみます。
その他(雑記)

カーボンニュートラルって何?意味=環境口実の消費税の事でしょ

日本人とは思えない所業を繰り返す、迷惑系横須賀親子の立ち回りをシリーズ化②:今回はカーボンオフセット・カーボンニュートラルの説明と増税の危機について。西洋の歴史の本流「魔女狩り」についても解説。
その他(雑記)

頻発!南朝鮮船とのトラブル:日本近海漁場が荒らされています

最近めっきり減ってしまったイカやカニの漁獲高。日本の漁場管理の努力もむなしく、押し寄せる外国船による乱獲。日韓漁業協定は日本側にとって全くメリットが無い内容。南朝鮮側をいたずらに助長する羽目となりました。今回の事故もその余波が遠因。
その他(雑記)

慰安婦報道訴訟:最高裁・元朝日「植村隆」記者敗訴確定!

最高裁第1小法廷は3月11日付。植村氏の請求を棄却した一、二審判決が確定。「朝日新聞・慰安婦関連記事」は最高裁判決によっても「捏造」と認定。西岡力氏が用いた「捏造記事」表現を植村氏が名誉棄損として訴えた最高裁判決は西岡氏の全面勝訴。
その他(雑記)

絶対阻止!環境口実増税案:炭素税・環境税は姿をかえた消費税

日本人とは思えない所業を繰り返す、迷惑系横須賀親子の立ち回りをシリーズ化①:詐欺師は定義の難しい抽象的な言葉をもって相手をだましに来ます。利権と国家解体に邁進する議員は「聞きなれない横文字」を使って、我々から所得を奪おうとしてきます。
学び

いい歌紹介5:東の 野にかぎろひの 立つ見えて・・柿本人麻呂

日本の歴史上最も有名な歌人を一人挙げるなら「柿本人麻呂」ではないでしょうか?万葉の宮廷歌人「人麻呂」の歌の世界を「東の 野にかぎろひの 立つ見えて かへり見すれば 月かたぶきぬ」の一首を中心にご紹介。
タイトルとURLをコピーしました