【総理の必要条件は皇室観】:竹田恒泰氏のTwitter発言に学ぶ

ブログランキング・にほんブログ村へ

【最初に”結論”持ってきました】:日本人が守るべきたった一つの約束

日ノ本の統治者は天皇である。

日本人が生を受け、死にゆくまでに守るべきたった一つの約束とは・・

神武天皇以来の皇統を引き継いだ天皇・皇室を守り抜く事』

タヌキ
タヌキ

逆説的に言えば・・皇統の存続に疑義を挟み変革を企てようとする存在は、紛れも無き『朝敵(逆賊)』認定でよいでおじゃるよ。

以下、そんな気持ちで読み進めてたもれ。

女系容認って・・日本解体容認って事ですよね?

竹田氏は簡素化されたTwitter発言の中で「総理の必要条件」の一つに皇室観(男系維持)を挙げていらっしゃいます。

竹田氏からのご指摘は国民目線からすれば至極当然と思われ、むしろそこをたがえた(自民総裁)候補者など存在しないだろうと思えてしまうでしょうが・・

”実際は真逆”

残念な事にこの程度の国家観・・・・・・・・すら持ち合わせていないのが今の総裁選立候補者の面々で、自信をもって『合格=〇』をつけられるのは『高市早苗氏』しか存在していないのが現状なのです。

悪いネズミ
悪いネズミ

じゃ~高市さんと、ぎり岸田さん以外の面々は・・ただの売国奴・国家破壊論者なんじゃないの?

嫡男:スラ
嫡男:スラ

たかが民選の輩ごときが、2000年以上続く日本の伝統(皇統)に口を挟もうとする事こそ不敬の極み!

そんな奴ら、まとめて日本からたたき出さなきゃ(総裁候補とか・・何の冗談だよ)

タヌキ
タヌキ

ならばこそ、占領憲法問題をクリアし皇室典範を天皇陛下にお返ししなければならないでおじゃるよ!みんなも問題意識をもって、協力してたもれ♥

占領憲法の”下”に皇室が縛られて(置かれて)いることを知ってください

天皇・皇室を含めた2000年以上続く日本の伝統のことごとくは、GHQ占領下に押し付けられた憲法の”下”に規定される存在となっています。

当サイトでは国民各位が伝統的に引き継いだ日本の国柄を思い出すことを応援し、占領憲法に対する国民理解を深める事によって、平和裏に皇室典範を天皇陛下にお返しする(出来るようになる)事をご提案しております。

皇室典範を天皇陛下にお返ししよう!

皇室会議も危なっかしいですし、有識者会議なんてもってのほか(竹田氏がTwitter発言で暗に訴えている部分もココ)。

当サイトでは以前から皇室に忍び寄る様々な危険を察知し、現行の『皇室会議』をもとの『皇族会議』に戻すべきだと訴えています。

【現行典範について】

日本を取り戻す3:『皇室典範』を天皇陛下にお返ししよう!
そもそも皇室典範って何のこと?現行の皇室典範に何か問題点でもあるの?戦後GHQが仕掛けた最大の罠が現実に実を結ぼうとしています。主権者(私たち)の力を集め、早めの対処で安定的な皇位の継承を可能にしましょう!

【有識者会議など】

『女系天皇』論議絶対阻止!『男系による皇位継承』を守っていこう
日本会議国会議員懇談会から『父方に天皇がいる男系の皇位継承を維持することを求める提言』がなされました。役に立たない事に関しては折り紙付きの国会議員でありますが、この提言が出されたことについてはみんなでほめてあげませんか?

【男系継承に難癖をつける蓮舫】

蓮舫さん:旧宮家の男系男子の皇籍復帰に何故か難癖をつける!
ま、戦後の縮図ですね。帰化1世がなぜ立法府に居られるのか?急がれる法改正。皇位継承問題よりも、まずは立法府の正常化の方が先でしょ!

女系天皇誕生はGHQの最終目標:日本解体の最終段階の事です!

日本の歴史を少しでも理解すれば、『女系天皇論』などが如何に伝統を無視した馬鹿げた理論であるかがご理解いただけるかと思われます。(逆に日本の敵対勢力にとっては泣いて喜びそうな理論)

ここについては複雑に考える必要はありません。

女系天皇論者=朝敵(売国奴・逆賊)の認識で問題ありません。

【GHQの正体】

日本の国柄を揺るがした三大出来事③の5『GHQの正体』
連合国軍最高司令官総司令部『GHQ』って何のこと?その名称、何のために日本に来たのかなどを解説。GHQの占領政策が分かれば『言論・教育・メディア』の論調が”あっち側”になっている理由が分かってくると思います。PTAもね!

【女系と女性の混同を誘うメディアのミスリードについて】

皇位継承伝統を無視:政治家や新聞社が利用する「民意」の正体
新聞社も特定野党も・・日本の伝統文化なんて全く興味がないんでしょうね~。『女性天皇』と『女系天皇』の違いすら説明すること無く、勝手に「民意」を語るんですから・・。伝統を理解する私たちも「民意」としてしっかり押し返していきましょう!

再確認しようね♥:天皇・皇室=日本

天皇・皇室は日本そのものです。

ですから天皇・皇室の変化は日本の変化となり、天皇・皇室の解体はそのまま日本の解体と同義となります。

これを簡単な表現で言い換えるなら、天皇・皇室が引き継いだ伝統が断絶したり、あるいは天皇・皇室が存在しなくなった日本は”歴史を引き継いだ日本”ではなくなってしまう・・という事なのです。

悪いネズミ
悪いネズミ

ぶっちゃけ「全く新しい日本になる」って事だよ!

嫡男:スラ
嫡男:スラ

そそ、

世界最古の国家が、ある日を境に『0歳児』に生まれ変わるって事。

冗談でもなんでもなく「女系を認める」って、つまりそういう事・・・・・だからね!!

日本の歴史について

日本人は神武天皇以来、2000年を超える長き悠久の国家の歴史を、『男系で保たれた皇統』に昇華させ引き継いできました。

みなさんも少しだけ日本史上の重大事件を思い出してみてください。

『大化の改新』『壬申の乱』『承久の乱』『保元の乱』『南北朝の争乱』

これらは大局的には『皇統の周辺(帝位簒奪・分裂・両統迭立りょうとうていりつで起こった大乱で、『朝敵』なる言葉は天皇・皇室に弓引く逆賊の総称として、度々歴史の中に語られるキーワードとなっていますね。

時々に朝敵とされた者達への評価の移り変わりや、冤罪の可能性を加味すれば『朝敵=悪』と決めつけて断罪する訳にはいきませんが・・

日本に生まれ、日本に生き、日本に死んでいかれた数多の先人方が皆・・皇統に集い、皇統を重んじ、皇統に泣き、皇統に笑い、悲喜こもごもを繰り返しながら紡いだ一大叙事詩こそ『日本史』なのです。

仮に2千有余年の歳月の中で、ただの一度でも『皇統の断絶』があった場合、そこからは日本史と呼ばれることのない別の歴史が紡がれていたはずなのです。

タヌキ
タヌキ

王朝がかわるという事は、『暦・国号・神話』の3つ(そのどれか)がかわるという事。

世界史を少しでも紐解いてごらん、必ずこの3点を書き換えようと試みているでおじゃろう?・・タヌタヌ

日本国民も世界の例外にもれず、歴史的に多くの内乱を繰り返してきました。

特に応仁期以降は天皇・皇室への尊崇などどこへやら、国中が武士階級を中心に天下国家の主導権争いに明け暮れ、下克上の精神ははびこり、中央政権を否定するかの如く群雄が割拠する時代へと突入していきました。

実際嘆かわしい事ですが、応仁の大乱(1467年)~戦国の覇者『羽柴(豊臣)秀吉公』の出現を見るまでは、皇室における祭祀の数々や陵墓造営ですら滞っていたほどでした。

タヌキ
タヌキ

応仁から戦国期には伊勢神宮の式年遷宮ですら中断を余儀なくされており、織田・豊臣の莫大な献納により約120年ぶりに復興がかなえられた・・といった歴史もあるでおじゃる。

しかし、そのような大乱期をいくら経ようが日本(人)はそれまでの歴史たがう事無く、今日まで見事にその歴史(皇統)を紡いで来たのです。

実際先に挙げた5つの大乱、そのどの時点においても皇統の分断はあっても断絶はありませんよね!

私たちのご先祖様方がそれぞれの時代にどれほど戦乱に明け暮れようが、神武天皇以来の”皇統”には何としても手をかけず国家(伝統的日本)を引き継いでくれたからこそ、こんにちの日本国が存在しているのです。

現在を担っている私たちもまた、皇統に込められた真の意味を理解し、歴史的日本人がそうしてきたように・・・・・・・・・・・・・・・・、天皇・皇室を盛り立て、将来世代に『伝統的日本』(男系によって引き継がれた天皇・皇室)を継承して行ってもらえるように、しっかりと教育していかねばならないはずです・・よね!

世界最古の国家=日本

【開運】熊本県宇城市「永尾剱神社」713年創建:御祭神『海童神・わだつみのかみ』

国家とは・・

  • 国号
  • 神話

この3つの要素を共有する『領土・主権・国民』に裏打ちされた集合体の事で、

国家の歴史の長さとは・・

『暦・国号・神話』の3要素が共有された時間の長短を指します。

我が国には・・

  • 皇紀(神武天皇即位年)
  • 日本(号)
  • 神話(天孫神話)

どれをとっても他国の追従を許さない素晴らしい伝統(3要素)が引き継がれていますね。

そして当然ではありますが、今後とも日本国は人類が続く限り存続し、『暦・国号・神話』もまた、日本人の素晴らしきDNAとともに末代まで引き継がれていくのです。

日本人が日本に生を受け、何を引き継ぎ、後世に何を伝えなければならないのか?

冒頭で述べた『日本人が守るべきたった一つの約束』とは、究極的には国家とその歴史を末代まで引き継いでいく事であり・・それらを忘れないための”ひな形”・”お手本”が日本の場合歴代天皇によって引き継がれた皇統(男系)を守り抜く事に集約されている、と言えるのではないでしょうか?

日本弥栄・天皇弥栄♥

今上陛下は神武天皇から数えて126代目の天皇(天乃日嗣)にあらせられます。

私たち日本人は、自らの内に引き継いだDNA(遺伝情報)に従い、伝統(皇統)をお支えすればよいだけなのです。

それこそが日本を守るという事・・ですよね。

次女:小ねーちゃん
次女:小ねーちゃん

てんのうへいか、ばん~ざい♥

長女:大ねーちゃん
長女:大ねーちゃん

日本最高♥

妻

すめらぎ弥栄

悪いネズミ
悪いネズミ

大日本帝国復活~!

嫡男:スラ
嫡男:スラ

↑いや~それは・・

日本万歳!

タヌキ
タヌキ

さあ、みんなもご一緒に!

日本弥栄、すめらぎ弥栄!天皇陛下万歳♥

関連過去記事紹介

【大化の改新と白村江の敗戦】

日本の国柄を揺るがした三大出来事①『大化の改新~白村江の敗戦』
日本史上の歴史的断層面を考察。現代日本にも影響を及ぼす歴史の転換期を考えていきます。本項は3つの断層面のその1:『大化の改新』~『白村江の敗戦』を取り上げています。

【柿本人麻呂の長歌と壬申の乱】

いい歌紹介5:東の 野にかぎろひの 立つ見えて・・柿本人麻呂
日本の歴史上最も有名な歌人を一人挙げるなら「柿本人麻呂」ではないでしょうか?万葉の宮廷歌人「人麻呂」の歌の世界を「東の 野にかぎろひの 立つ見えて かへり見すれば 月かたぶきぬ」の一首を中心にご紹介。

【源家長の歌と承久の乱】

いい歌紹介3:藻塩草かくとも尽きじ君が代の・・源家長
「藻塩草かくとも尽きじ君が代の数によみおく和歌の浦波」は鎌倉時代に詠まれた歌(作者:源家長)で、”天皇の御代が末永く続くように”と、巧みな掛け言葉を使いながら詠み込まれています。

【南北朝の争乱】

日本の国柄を揺るがした三大出来事②『南北朝の争乱』
歴史的断層面:日本の国柄を揺るがした三大出来事②「南北朝の争乱(元寇の乱~南北統一)」です。同時代の我が国に「二人の天皇・二つの元号」が存在した南北朝時代を解説。その原因は?その後の影響なども含め簡単にまとめています。

まとめ

竹田氏のTwitter発言から垣間見える皇室周辺に及ぶ危機の数々。

今更言及するまでもありませんが自民党総裁選の結果は、そのままスライド方式で日本の新総理となる算段が高くなっております。

そんな次期総理候補のメンバーの中に国家観の根幹であるはずの『皇統』への理解が不十分であったり、考えたくもありませんが、皇統そのものに邪なる企てを持っている”輩”が紛れ込んでいるとしたらいかがでしょう?

Z旗(戦艦三笠艦上):皇国の興廃この一戦にあり、各員一層奮励努力せよ

竹田氏は慎重に言葉を選んでいますが、私たち一般の国民に向かって・・

「皇室の危機、各員朝敵に備えよ」

との”暗号文”を送っているような気がしてなりません。

本格始動した『自民党総裁選』。

その候補者の心中に潜んだ国家解体の影を・・私たち一般国民が見落としてはならないはずです。

おしまい。

タイトルとURLをコピーしました