ロシア・ウクライナ関連

ロシア・ウクライナ関連

新世界秩序にNO!:ロシア、ウクライナ4州を併合

ウクライナ紛争(戦争)は、ロシアによるウクライナ4州併合宣言により新たな局面に突入しました。これ以降の参戦行為は第3次世界大戦への参戦となります。敵はロシア?アメリカ?・・いいえ、人類の敵は、国家を隠れ蓑に暗躍する金融寡頭勢力です!
ロシア・ウクライナ関連

スパイ・工作合戦:外交の日常的風景(日本政府以外)

スパイ活動の頻度、工作資金の総額などを単純比較した場合、アメリカとシナの2カ国だけで全体の”8割近く”を占めているのでは?我が国には「双方+α」から大量の資金が提供されています。一方は伝統的ルート、もう一方は新規利権の裏金ルートとして・・
ロシア・ウクライナ関連

ロシア軍撤退:ロ軍大敗北とウ軍快進撃報道は本当?

頑張れウクライナ!だけど利用されるなウクライナ!!実質米ロの代理戦争の舞台と化したウクライナ。停戦を頑なに否定するネオコン側の思惑で長期化は避けられそうにありません。各国国民は「中立」こそ和平への近道と認識すべきです。
ロシア・ウクライナ関連

ウクライナ問題:青山議員と西田議員の対ロシア観の違い

青山繫晴議員と西田昌司議員の対ロシア観、対紛争観の違いをご紹介。【金融寡頭勢力】ここを無視した如何なる議論も無意味と思えるほどに、いま、世界中で起こる諸問題のほとんどに金融勢力が絡んでいます。
ロシア・ウクライナ関連

ロシア”最大”の嘘(笑):ブチャにまつわる新証言だって

「ブチャの虐殺」を逃れた男性からビックリ新証言が聞き出せたそうなのです。過去のクライシスアクターによるプロパガンダはそのままに、ロシアの蛮行にまつわる情報だけが続々と届けられています。でも・・それって全て本当なのでしょうか?
ロシア・ウクライナ関連

ウクライナ問題を考察10:停戦論とロシアの勝利

ウクライナ軍の主力は、すでにロシア軍によって挟み撃ち状態。壊滅的打撃を受けています。しかし、報道界隈では現実を無視した「ウクライナ優勢」なる情報が飛び交っています。こんな調子で本当に「停戦」が合意されるのでしょうか?
ロシア・ウクライナ関連

本当に恐ロシア?:反戦・反プーチン報道のあれこれ(笑)

ロシア国内の反戦運動・反プーチン運動・・すべて事実でしょう。しかし同じ物差しで測るなら、自由主義国家における反体制的運動はもっと活発で、アメリカ国内では「アメリカが原因の戦争を止めるべきだ」とする声まであがっているほど。
ロシア・ウクライナ関連

停戦合意:決定権は”アメリカ”と”優勢な側”にあります

キッシンジャーさんは、プーチンさんが大統領になる前から交流あり。同じ「スパイ」として意気投合してたくらいですから・・ゼレンスキーさんなんて『ひよこ同然』に感じている事でしょう。ゼさんにとっては同じ民族の大先輩。アドバイスは聞いとけば?
ロシア・ウクライナ関連

2003年イラク戦争:ウクライナと比較してみよう!

東西冷戦終結後。世界中で起こった戦争・紛争・革命騒ぎのほぼすべてはアメリカ合衆国(国際金融)が引き起こしてきました。現在激戦となっている「ウクライナ紛争」について、なぜ過去からの比較検証や、戦争首謀者への追及がなされないのでしょうか?
ロシア・ウクライナ関連

アゾフスタリ製鉄所陥落:ロシア側が捕虜交換を渋る理由

出口の見えない紛争を固定化させているのって「誰だと思います?」。ちなみにウクライナ国民に民意を問えば、東部と西部で正反対の意見が聞かれる事でしょう。製鉄所陥落でテロリストが捕まったみたいなので、色々真相が暴露される事でしょう。
タイトルとURLをコピーしました